FC2ブログ

日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

ブックの完成と写真の文法

グループ展で展示するブックが完成した。
セレクトや並び順の検討用に作っていたものから数えると、4冊目。
3冊目までの時点で並び順やセレクトはほぼ終わっていたのだが、見に来てもらう人が見やすいように、体裁を整えた。

今回の展示作品は、ブックの作成→その中からインデックス的なイメージを壁面展示用にプリントという流れで製作している。
ブックの作成過程で「写真の文法」を相当意識したため、それまでと写真集の見方が大きく変わった。
前後の流れや大きな文脈を掴めるようになったのだ。
そういう点を意識して見るとすごくよく出来ている写真集というのがある。

たとえば有名なところではエルスケンのセーヌ左岸の恋。
あとはアラーキーの「夏の中へ」。
それから非常に文法がわかりやすいと感じたのが、藤原新也の「バリの雫」。
藤原新也氏は非常に論理的な思考をされるので、文法が明確に見える、ということか。

俯瞰と仰瞰、対象物までの距離、力の流れる方向性、左右2枚の繋がり、前半~後半までの大きな流れ、、、、

ブックの製作過程では、渡部さとる師匠に何度も見せて、アドバイスをもらった。
そのアドバイスは自分がものづくりをする時の参考になると同時に、他の写真集を読むためのものでもあったのかもしれない。

07092001.jpg

07092002.jpg
大塚
  1. 2007/09/20(木) 22:25:52|
  2. Zeiss Ikon Biogon 35mm ZM
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<突然の誘い、ありふれた日々 | ホーム | グループ展の作品と在廊予定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://swing75.blog54.fc2.com/tb.php/759-121d51af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて

写真家の星野さんが、その尊い命をかけて、いろんな人との出会いを通じて、ワタリガラスの伝説を求めて旅をするお話。森には、魂が、不思議な力が宿っています。「ボブは、現実の世界では見えにくい、不可解な世界の扉を少しずつぼくに開いていた。それは\"ビジョン\"と呼...
  1. 2007/09/26(水) 04:14:46 |
  2. りこのblog

全東洋街道 上 (1) (集英社文庫 153-A)

80年に402日かけて全東洋を回った藤原新也氏のプレーボーイに連載された紀行記。軸としてはイスラム、ヒンドゥー、仏教というこれらも国から切っても切り離せない宗教に置きながら、実際そこに生きている人々をルポし感じたことを纏めている。私は、東京漂流よりもこ...
  1. 2008/01/01(火) 21:57:13 |
  2. まことの部屋

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング