FC2ブログ

日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

E-410と青空、感度分の16

大阪に帰ってきた。
今回の旅のお供はE-410とZeissIkonだ。
旅の記録と青空はE-410で、作品作りのモノクロはZeissIkonで、との使い分け。
ただし2台同時に持ち歩くことはない。

070813001.jpg

さっそくE-410を持って歩いた。
普段東京で見る光景とは全く異なり、歩いていてもずっと空が広い。
新幹線の車窓から、西へ近づくにつれて、雲が近くなっていくように感じたのは、気のせいだろうか。

07081302.jpg

E-410を持って歩きながら、今日のように晴れ渡った日には青い空を正しく青く、そして暗い影を正しく暗く写したいと思った。
そういう時は感度分の16で撮るようにしている。
太陽の当たっている所の光は世界中どこでも同じ。
感度分の16で撮れば、みごとに露出のそろった写真ができあがる。
そして太陽と反対側の空は、見事なまでに青い空として写る。

07081303.jpg

感度分の16で撮れば、青空が青く写るだけではなく、影が写真的な濃さで暗く沈んでくれる。
「ここは暗く沈んで良い。その代わり光の当たっているところの色をしっかり描写したい。」
という時には感度分の16で撮る方が良い。
AEで撮ると、カメラは暗いところまで写るように露出を合わせるから、影の部分の像は写るが、光の当たっている所の色は白っぽくなってしまう。

07081304.jpg

基本的には光の当たっているところだけを探して撮るようにしていたのだが、露出に迷うような影を撮りたくなる場合もある。
そういう時のみAEに切り替える。
具体的には、E-410のモードダイヤルを、
・光の当たっているところ→M:マニュアル(感度分の16)
・光の当たっていないところ→A:絞り優先AE
とモードダイヤルのみの切り替えで撮る。
(マニュアル露出の際、絞り、シャッタースピードを固定しているが、同時にISO感度も固定しておく必要がある)

07081305.jpg

普段使っているカメラには、モードダイヤルなるものが存在しないため、こういう使い方はしないのだが、新しい機材ならではの撮り方に気づいた気分だ。

しかし最新のデジタル一眼レフでも、基準となる撮り方は電池のいらないカメラでも撮れる撮り方。
絶対的な基準を持つというのは、とても心強いものだ。

07081306.jpg


大阪・山中渓

  1. 2007/08/13(月) 00:44:56|
  2. OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京下町と対局にある風景 | ホーム | 贅沢な空>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://swing75.blog54.fc2.com/tb.php/714-02c5c894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング