日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

喜多村みか写真集「Einmal ist Keinmal」

喜多村みかさんの写真展を観に行ったのは、2011年2月。
http://swing75.blog54.fc2.com/blog-entry-2128.html

その時にも記事に書いたが、キヤノン写真新世紀展を毎年見に行っていた中で今だに印象に残っている、最も好きな作品が「TWO SIGHTS PAST」であり、それは今も変わらない。
今日まで東京で展示があって行きたかったのだけれど、都合が合わず行けなかった。

その代わり、というわけでもないのだが、写真集を購入した。
喜多村みか写真集「Einmal ist Keinmal」

何日か前から毎晩見ている。
最初に感じた感想は、「わからない」ということ。
前半のページをめくっていると、頭が混乱してくる。
「なぜ?」が頭の中に走りだして次のページをめくらずにいられなくなる感覚。
そして何度か見ていくうちに、やはり一番最初に東京都写真美術館で感じた感覚と同じように、すっと写真の向こう側の世界に没頭していく自分に気づく。
徐々に「わからない」が不可解な心地良さになってくる。
何度も見ているうちに理解するための”手がかり”のようなものに気づく写真があったり、自分自身の経験を重ねあわせて既視感を感じる写真があったり。
そして一気に最後まで目を通してしまう。

写真集はページ数が多くなればなるほど、その構成によって最後まで集中が続かないものもあるが、全くそんなことはなく、どんどん没頭してしまう。
喜多村さんがどれほど意識して構成されているかはわからないが、写真集全体を通じて動きがあるように感じる。
映画を見ているような、車に乗っているような、うまく説明するのが難しいけれど、とにかく「動いている」感覚にとらわれる。
その感覚こそが、最初に写真新世紀展で見た写真集を何度も何度も並んででも見たくなった感覚なのだと思う。

写真集を見ていて、好きになるかどうかの判断基準の一つに、”自分が写真を撮りたくなるかどうか”という基準がある。
喜多村さんの写真集を見ていると、無性に写真が撮りたくなってくる。
きっと何年先になっても、何度も何度も見続ける写真集になるだろう。

13040601.jpg
  1. 2013/04/06(土) 22:43:25|
  2. Sony α NEX-5 G Planar 35mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<原風景 | ホーム | 生まれ故郷の桜(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://swing75.blog54.fc2.com/tb.php/2911-1ce1690a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する東京在住の大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。