FC2ブログ

日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

藤原新也トーク&スライドショー

青山のRainy Day Bookstore & Cafeで、藤原新也トーク&スライドショー。
氏の著作はほぼ全て(古い一部の写真集を除く)所有しているほどのファンなのだが、直接お会いしたのは初めて。
落ち着いた語り口でスタートしたトークショーは、徐々に引き込まれてメモを取る手が止まらなくなった。

著作やブログ、雑誌媒体等に寄稿されている文章を読んでいるからか、話がすっと心に落ちてくる。

デジタル社会の発信スパン、呼吸、視野、人体にアクセスするプロポーション、揺るぎなき芯、世界が自分の中にすっと入ってくる、心奪われる、目の前の世界を出し入れする、旅の醍醐味、家の呼吸、メッセージではなく状態、競い合うではなく飾り合う、喜びと悲しみ、後ろ姿、人が入ってくると良くなる風景、何でもない風景、山のように近づく、失うことで慈しむ、アスファルトの蝶、線で見ている、波の音のグルーブ、人生の中断、傘になれる命、存在そのものの美しさ、心を開く、(八十八カ所巡りの)寺と寺の間、人生の成就、個人美術館、残すことは好きではないが、機能するものは良い、そこで生きていることを感じてもらう、メディアの変化と受容、極める、デジタルをいかに食っていくか、、、、。

ひっかかった言葉だけを羅列して思い出しても、何冊分もの本を読んだような気分。
話す言葉は静にゆっくりと、普通の人が話す以上に間を空けて話される。
もしかするとこれは意図的なのではないだろうか?と思った。
冒頭、デジタル社会の発信スパンと呼吸の浅さ、生きていることについての話があった。
藤原新也氏の語り口は、情報が大量に流れてくる現代においては非常にゆっくりと感じられるものだけれど、その実非常に内容の濃い、密度の高い言葉が発せられているように思う。
そういう伝え方だってあるんだということを、身を以て示されたのかもしれない。

現在銀座の永井画廊で個展も行われているので、近いうちに行くつもりだ。


11030501.jpg
  1. 2011/03/05(土) 23:42:41|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<光が運ぶ春 | ホーム | 冬空>>

コメント

 Swing75さん、こんにちわ。初めまして。たしか4,5年前、i4Rを買った頃に撮影例を求めてこちらにたどり着き、週に1回くらいのペースでお邪魔しています。
 今回の記事の藤原さんが個展を開いているという情報、まったく知りませんでした。見に行くきっかけを頂いたことを感謝します。藤原さんはずいぶん前に雑誌での連載を見る機会があり、その雑誌を結局その連載のためだけに買い続けた記憶があります。それ以来追いかけてしまう存在になりました。
 Swing75さんの写真も通じるものがあるのかな、と僭越ですがいまさらながら思ったりしています。最近はX1の写真が多いようですが、やはり良いのでしょうね。自分はG用のビオゴンの活かし方を検討中ですが、はたして財務省の許しが出るかどうか。駄文、失礼しました。またできれば改めて。
  1. 2011/03/06(日) 08:48:43 |
  2. URL |
  3. nakano #Hble4PXk
  4. [ 編集]

>nakanoさん

こんばんは。
初めまして。

4,5年前からとは、本当に長い間見ていただき、ありがとうございます。
i4R、最近はあまり使っていませんが、今でも良いカメラだと思っています。
現代版のi4Rを作ってもらえれば、すぐにでも飛びつくんですけどね(笑)

藤原さんの個展、銀座の永井画廊というところでやっています。
東銀座の駅からすぐのところです。
昨日の記事ではありますが、本文を修正してリンクを張っておきました。
私もまだ行けていないのですが、久々の展示なのでぜひお見逃しなく。
私の記事がお役に立てて幸いです。

X1は良いカメラだと思います。
ちょっとAFが遅かったり、時々変な色になったりもしますが、出来上がってくる写真の質感や、その後の加工に耐えうるトーンの豊富さ、その割に小さく軽いボディ、今の所しばらくデジタルのメインカメラになると思います。

G用のビオゴンですか。
私はG用のPlanarをたまにNEX-5で使用していますが、NEXも良いカメラですので、今ならNEXがおすすめかもしれません。
もうすぐ新しいのが出る、という噂もありますが、、、。
財務省の許しが出ると良いですね。

今後ともよろしくお願いします。
  1. 2011/03/06(日) 22:48:50 |
  2. URL |
  3. Swing75 #wjmC3HJQ
  4. [ 編集]

 Swing75さん、ふたたびこんにちわ。
 今日、行ってきました、東銀座まで。実は日曜に思い立って行ってみたのですがお休みで、本日仕事帰りに再挑戦してきました。
 今日は藤原さんご本人も会場にいらしていて、ミーハーにもサインをいただいたり、ちょっとお話をさせていただいたり。
 狭い会場なのでずっと聞き耳を立てているわけにもいきませんでしたが、いろんな方との会話などにそば耳を立ててまいりました。
 で、88枚の額装はすべて売り物でした! 以前のSwing75さんの記事で「オリジナルプリントを買うという感覚」というものがはっきりとはわからない状態でいましたが、結果として少々わかる機会を得てしまいました。6割がたはすでに売約済みでしたので選ぶ余地は無かったのですが…完璧に衝動買い、NeX-5は遠のきました(笑
 重ねて、ありがとうございました。
  1. 2011/03/09(水) 21:42:27 |
  2. URL |
  3. nakano #Hble4PXk
  4. [ 編集]

>nakanoさん

こんばんは。
今日行かれてたんですね!
記事にも書きましたが、私も行っていました。
結構長い時間3階で藤原さんとお話させてもらっていたので、すれ違っているかもしれませんね。
(占領してしまっていたような印象を与えていたとしたら、申しわけありません、、、。)

で、買われたのですね!!
本当にこれだけ勢い良く売れる写真展を、他に知りません。
私は昨日と今日の二日連続で行ったので、その売れ方の激しさが身にしみて分かったので、今日その場で気に入った作品を買われた判断は正しかったと思います。
私は昨日迷っていた作品はことごとく売れていましたから、、、。

ちなみにどの作品でしょうか?
画廊の方が「”祈る人の海”を買われた方がいらっしゃいます。」と言われていましたが、nakanoさんでしょうか?

いずれにしても、確実にNEX-5を買うより一生の宝物になると思います。
NEX-5は5年後、10年後には陳腐化しますが、作品は廃れませんので。

少しでもお役に立てたようでしたら、光栄です。
  1. 2011/03/10(木) 00:12:59 |
  2. URL |
  3. Swing75 #wjmC3HJQ
  4. [ 編集]

 9日の記事、拝読しました。記事中の「エレベータを先に降りた」のが自分でないことを願います(笑

 その記事中に、プリントを買う一連の流れとしての撮影者との対話ということが出ていましたが、自分もそれは大事なことかなと思います。ただ、初めてのプリント購入(しかも画廊で)ということもあり、売約済みの多さといい、決断は早いほうがいいと思った次第での購入でした。決断は間違っていなかったと確信しています。
 で、そうです、五十七夜を預かることにしました。もっともあの時点では選ぶ余地は余りありませんでしたが。購入する目線で選ぶのと、いいなと思う基準が、ちょっと「ずれる」ことも今回の体験で思いました。なんというか「いいな」と思うのと『占有したい』と思うのはちょっと違う基準なのだと1日おいた今にわかることでありました。それを埋めるためにも対話はいい方法なのかもしれませんね。

 今回の展示でいろいろと欲しいものはありました。もちろんほとんどは貰い手が決まっている状態でしたので、まだ行き先が決まっていない中では八、二十五、五十二、七十六、七十八、など。ひとつ選ぶという作業は終わらないかに思える1時間でしたが、赤いシールに心を押されて(笑)、「人がいる(もしくは写っていなくとも人がいる)」を基準に、「海」を選びました(たいした基準でないですが、いろいろ見て撮って最近思うのは、人がいなくても人のにおいのする写真が好きだということでした)。

 そういえば、5階にいた永井さんに「何回もいったりきたりして考えている人がいる」と教わりましたが、もしかしてSwing75さんでしたか! お話をしてみたかったです。3階で藤原さんとお話をされていた方ですよね。ちょっと話に聞き耳を立ててしまっていました。Swing75さんの写真展も伺いたいです。そのときはぜひ教えてください。やはり、プリントはいいですね。
  1. 2011/03/10(木) 22:11:12 |
  2. URL |
  3. nakano #Hble4PXk
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/03/10(木) 23:37:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

>nakanoさん

エレベーターの方は別の方です。
長崎から来られたという女性で、藤原さんも「せっかく来たのだから少しお話しましょう。」とお話されていました。

対話は、特に無名の、思想がパブリックになっていない(出版物等があまりない)作家さんの場合には必須になると思います。
その人の思っていることを知らずに作品を購入すると、その後の活動の方向性によっては作品を愛せなくなる可能性があるためです。
ただ、藤原さんのように思想や経歴が既にオープンになっていて、そもそもファンだと思っている状態であれば、必須ではないとも思います。
僕自身もできれば、という程度に考えていましたし。

やはり早い段階での決断、正しかったと思いますよ。
候補として挙げていただいているもののうち、八夜以外は全て僕の候補だったものとかぶっています(笑)
特に、五十二、七十八は最後まで迷っていました。
昨日の記事の中の最初に選ぼうとしていたのは、七十八です。
早く買っていなければ、僕が買っていたかもしれません(笑)

永井さんの言われているのは、私です(笑)
3階で話をしていたのも(笑)
結構まじめに深い話をしていたので、聞き耳を立てていただいていても、有用な話だったかもしれませんね。

僕自身の写真展は、、、開催するときはぜひお知らせします!

  1. 2011/03/11(金) 00:45:26 |
  2. URL |
  3. Swing75 #wjmC3HJQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://swing75.blog54.fc2.com/tb.php/2148-167f178c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング