FC2ブログ

日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

街は留まることを知らず

久々に神楽坂方面に歩こうと決め、部屋を出た。
思いのほか日差しが強く、少し季節が巻き戻されたみたいだ。

見慣れた道も季節に合わせて小さな変化を見せている。
家の前に置かれた植物が咲き、葉を落とし、差し込む光の角度が変わり、空の青が深くなり。
そうした小さな変化とは別に、積み重ねられた時間が劇的な変化を迎える場所もある。

10110601.jpg

家の近所にはあと10年、いや5年以内に消え行くであろう路地が多数存在する。
階段路地などはこの先もあまり大きな変化を遂げることなく存在し続けるだろうが、平坦な場所の路地で周囲に大通りがある場所、駅に近い場所は遅かれ早かれ区画整理の対象になるだろう。
育まれた風景がまっさらになることは、街が生きていく上では避けられないことだが、積み重ねられた時間の蓄積までがクリアされることには、一抹の寂しさを感じずにはいられない。

10110602.jpg

東京の片隅に残る江戸や昭和を感じながら歩ける幸せを感じながら、いつか消えてしまうであろう路地に向かってシャッターを切る。
空はまだ明るいのに薄暗い空間に、懐かしさと愛しさを覚える。
いつも思うことだけれど、幼い頃にこういう路地で育ったわけでもないのに心惹かれるのは、空間自体が心地よさや魅力を発しているからなのだろう。
その魅力の成分はおそらくそこで育まれた、人が人の速度で生活した時間の蓄積。

10110603.jpg

路地を抜けた所にあった二階建ての古い長屋は、既に取り壊されている。
ブルーシートを背景にして繁茂する植物は、その建物の建築史的価値など知る由もない。
どこからともなく現れた一匹の薮蚊が、シャッターを押す僕の指に止まろうとしている。
世界は僕たちの感傷とは別の次元で、健全に回り続けている。

10110604.jpg

護国寺方面に歩きながら見上げる空に、ほんのり色づいた欅。
この風景はいつから繰り返され、この先いつまで続いて行くのだろう。
  1. 2010/11/06(土) 22:19:25|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<移ろい行く時の中で | ホーム | 深青>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://swing75.blog54.fc2.com/tb.php/2028-2b04c0c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング