FC2ブログ

日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

ラットホールギャラリーで「荒木経惟 センチメンタルな旅 春の旅」

ラットホールギャラリーで「荒木経惟 センチメンタルな旅 春の旅」を見る。
チロが亡くなるまでの80日間に撮られた写真とのことで、最初の方の写真で既に僕がイメージするチロよりもずいぶん痩せて元気がない印象を受けた。
会場を埋める写真を順に追っていくと、チロの最期に近づくのが手に取るようにわかる。
「センチメンタルな旅・冬の旅」を見ていても、アラーキーが泣いているのがわかる写真がある。
今回の展示でも同じだ。
奥さんが亡くなった時と何も変わりない。
じっと見つめるチロの瞳が悲しい。
生死を目の前にした時、人間と動物は等価だ。
そこにはただ愛し愛された者どうしの関係だけが、普遍のものとして存在している。
会場で涙する人を何人も見かけた。
会場を出た頃、強い雨が降り出した。

10061801.jpg

  1. 2010/06/18(金) 21:07:26|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<道行く人に花束を | ホーム | 変わらぬ風景>>

コメント

この写真展、知りませんでした。
アラーキーにとっての「チロ」というのがどんな存在だったのか、私も写真展に行って実感してみたいと思いました。
エグルストンにも行くつもりです。

Swing75さんの記事にはいろいろと「発見」や「情報」をもらっていましたが、長い間、自由に行動できない状況にあり、あきらめていました。
これからは、「なんでもできる」のです。
…個人的なコメント、お許しください。誰かに宣言したかったのです。
  1. 2010/06/19(土) 06:40:11 |
  2. URL |
  3. plumpeach #SKHlLT3c
  4. [ 編集]

>plumpeachさん

いつも読んでいただきありがとうございます。
何らかお役に立てているようで、うれしく思います。

陽子さんを亡くされた後は、アラーキーにとっては誰よりも大切な存在だったのかもしれません。
写真の根源は大切な存在を撮ることにあるのだと実感させてくれる写真展でした。
ぜひじっくりご覧になってください。
エグルストンはアラーキーの展示よりはもう少し軽く見られると思います。
「軽く」というのは、純粋に目を楽しませることができる、というような意味です。

事情はわかりませんが、これから自由に行動できるとのことですので、私のブログや他の方のブログ等で情報を仕入れられて、思う存分楽しんでいただければ、と思います。
お役に立てる情報や視点を提供できるよう、私もがんばります!
  1. 2010/06/19(土) 22:30:52 |
  2. URL |
  3. Swing75 #wjmC3HJQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://swing75.blog54.fc2.com/tb.php/1883-70e87745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング