FC2ブログ

日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

東京から御茶ノ水まで

久々に新宿へ。
その後東京に移動した後、地上に出て地下鉄に沿って歩こうと決める。
といってもルート案内があるわけではないので、地図で見た路線図の記憶だけが頼りだ。

東京から大手町あたりは完全なるオフィス街。
休日のオフィス街は人が少なく、ビルも閑散としている。
1ブロック分丸々1つのビルが建っていて裏通りに入れないことが多く、路地を散歩するような楽しさは少ない。
とはいえ真夏や真冬と違って気候が良いので、それほど苦痛ではない。
ビルの一角の植え込みやパブリックアートの作品など、平日にそこを通っても見過ごしてしまいそうなところに目が行く。

08060701.jpg

大手町を抜け、首都高の下をくぐった辺りから、路地裏が急におもしろくなってきた。
ビルの間を埋めるように古い民家や商店があり、”暮らし”が見える。
比較的広い道でも休日のせいで車の通りが少なく、少年がキャッチボールをしている。
田舎育ちの僕が実家の前の道でしていたのと同じことを、この少年達は東京のど真ん中でしている。

08060702.jpg

内神田から神田司町に入り、路地裏を迷路のように歩き回っていたら、淡路町の駅についた。
適当に歩いたのだけれど、比較的最短ルートを歩いていたようだ。

地図を持たない街歩きでは、電信柱の地名表示やマンションの名前に付く地名などが方向を判断する材料となる。
マンションの名前に付く地名は、実際のエリアから離れていてもブランド価値のある名前が付けられることが多い。
表記されている地名を馬鹿正直に信じてしまうと、思わぬ方向違いとなることもある。
淡路町付近のマンションには「御茶ノ水」と名前の付いたものが多かった。

08060703.jpg

淡路町を抜けると、すぐに御茶ノ水のエリアに入った。
この辺りも比較的古い民家や商店が残っている。
そして東京から歩いて来て始めて坂道に出会った。
路地の先の道が斜めになっているのを見た時に、新鮮な感覚を覚えた。

08060704.jpg

御茶ノ水エリアは歩くことの多いエリアだ。
神保町の古書街に行く際には、丸ノ内線の御茶ノ水から歩いていく。
そのためこの辺りは歩きつくしている感がある。
大通りに出ると学生や楽器を買い求めに来た人で賑わっているが、裏通りは静かだ。

路地裏などを歩いているうちに日が落ちて光が弱くなってきた。
光が弱くなると、魅力的な路地も魅力的に見えなくなる。
御茶ノ水から先のエリアは何度も歩いていることもあり、素直にここから地下鉄に乗って帰ることにした。
早めに切り上げたおかげで、家について少しだけ夕暮れの空を見ることができた。

08060705.jpg
御茶ノ水
 
  1. 2008/06/07(土) 23:32:33|
  2. OLYMPUS E-420 ZUIKO DIGITAL 25mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<流れる水滴と夜の光 | ホーム | 100年後の夕陽>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://swing75.blog54.fc2.com/tb.php/1105-6feedec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング