日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

入江泰吉記念奈良市写真美術館で有元伸也写真展「有元伸也写真展 チベット・草原―東京・路上」

入江泰吉記念奈良市写真美術館で、有元伸也写真展「有元伸也写真展 チベット・草原―東京・路上」を見る。

有元さんの学生時代の卒業制作から現在の東京での作品までを、ポートレートを中心に大規模に展示。
回顧展のような形になっている。
有元さんにお話を伺うと、チベットの作品や学生時代の作品の一部は、ビジュアルアーツで保管されていたらしく、今回の展示のために”再発見”された形となったようだ。

これまでずっと個別の展示は見てきているものの、ここまでの量を一気に見ることがなかったので、とてもよかった。
時系列の展示となっているのもとてもよかった。
カメラや被写体は変わっているので、パッと見た印象はそれぞれのシリーズで大きく異なるように見える。
ただ、やはり撮っている人が同じなのでどこかでつながっている。
鬼海さんが言われていた「川の流れのようにつながっていないといけない」ということを体現されているかのようだ。

チベットの作品で大きくプリントされたものもよかったし、数は少ないものの8×10の作品もよかった。
そして最近の東京の八セルのシリーズは壁一面の展示がとても合っているように感じた。


14時からはトークショー。
有元さんを挟んで、有元さんの恩師である百々俊二さんと、写真評論家の飯沢耕太郎さんがマイクを握る。
立ち見が出るほどの盛況ぶり。
始まっていきなり百々さんが「写真のところに行きましょう」と言って展示室のほうへ。
写真を見ながらエピソードや拝啓を有元さんが解説するスタイルは、非常に面白くて、聞いていて楽しかった。
百々さんは有元さんの作品がすごく好きなんだろうな、と思わせるところが多々あって、おそらく作品にまつわるエピソードも好きなんだろうと思う。
というのも、「この写真のこと話して」というような感じで有元さんに話をさせようと、うまい具合に話を振って、それを有元さんが受け取る、というやりとりが何度もあったからだ。
そのいくつかはこれまでに聞いたことがあるものもあったが、初めてのお話も多く、本当にあっという間に時間が過ぎた。

後半は着座してのトークショー。
写真はとても身体感覚が重要である、生物としての人間の強さに興味がある、60年代のアメリカの写真家に影響を受けたこともあってモノクロにしか興味がないぐらい(カラーやデジタルを否定するものではまったくないものの、興味がそこにある、というお話)、震災を機に自分がそれまでローライで撮っていた写真が暗く感じ、カメラを持ち替えた、等々聞いていて本当に飽きない時間だった。
飯澤さんの質問もさすが歴戦を重ねるだけあって、すっと聞いているようでうまく有元さんの考えを引き出す質問をされる。
三人の関係性が近いからなのか、アットホームな感じで非常に楽しい時間だった。

終了後にもじっくり作品を見て、しばらく有元さんとお話をして帰路についた。
東京や埼玉から来た人もいるようで、でも確かにその価値がある展示とトークショーだったと思う。

次回は7月に東京での展示があるらしいので、それもまた楽しみだ。



スポンサーサイト
  1. 2016/03/19(土) 22:50:23|
  2. mobile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧友との再会

N.YからJohnさんがやってきた。
今回の訪日のプランを聞いた時は、本当に大丈夫なのか?というぐらいに過密スケジュールだったが、その貴重な間の時間を割いて食事に誘ってくれた。
前回会ったのが震災の1年後だったので、もう4年も経つことになる。
まあたった4年とも言えるぐらいに時のたつのは早く、お互いにその間にいろいろと状況が変わったりしている。
ただ、何も変わっていないことのほうが大きい。
会った瞬間からそんなに時間を空けたと思えないぐらいにお互いにたくさん話をして、たくさん笑って、真剣な話をして、、、。

今回のプランで最も今の住まいの近くにいるのが神戸だったので、三ノ宮近辺にお店を予約して、19時集合にしていた。
待ち合わせ時間まで少し時間があるので東門街を少し歩いていたら、聞きなれた声が。
なんと集合場所とは全く違う場所で偶然の再会。
なぜか何年も会っていない人との再会は、あらかじめ決めておいた集合場所ではない場所で、となることが多い。
なぜかはわからないが、とにかくそういうことって嬉しい。

時間はあっという間に過ぎて、ホテルまで見送った後に大阪まで。
この後Johnさんは高山、白川郷に行った後、東京でかつてモンゴルに一緒に行ったメンバーとの再会の予定。
さらには彼自身の写真展と渡部さとるさんのアートブックフェア出品のサポートで香港へ。

そういえば渡部さん、サンタフェのレビューでもJohnさんがわざわざレンタカーを借りてサポートに来てくれたって言ってた。
きっとJohnさんは世界中どこに行っても愛されているんだろうな。

IMAG0763_1edited.jpg
  1. 2016/03/19(土) 01:39:32|
  2. mobile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する東京在住の大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。