日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

傾く太陽

12043001.jpg

12043002.jpg

12050103.jpg
  1. 2012/04/30(月) 22:45:04|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アート京都2012へ

アート京都2012へ。
こういうアートフェアは過去何度も行っているが、見せ方や規模によっては「ギャラリーが集まって宣伝しに来ました」というような感覚を強く受け、いまいち(個人的に)盛り上がらないことが多い。
今回の京都のものは、会場が二つに分かれていて、国際会館の方はそういった感覚が強かったのだが、ホテルモントレの方は個々のギャラリーが独立していたせいもあり、全くその感覚がなかった。
部屋ごとに作品の展示方法も様々なことと、何より部屋に展示することを前提として、小さめの作品の割合が多い。
見る側と作品との距離感が近く、細部をじっくり眺めることを前提としたセレクトが行われているように思った。

その中でもあまり心に響かず滞在時間が短いギャラリーと、じっくりと話を聞きたくなる作品があるギャラリーがあり、今回はいくつかのギャラリーで直接作者とお話することができた。
中でも特に気に行った作品について、作者とずいぶんいろいろお話したのだが、自分にない感覚を持っていてそのズレの部分をもっと知りたいと感じた。
作品の中にある”不可解なもの”と、作者が一生懸命説明してくれる”理解できるもの”との間にある、埋まりようのない余白の部分が、おそらく作品の深さということなのだろう。
これが大きすぎても自分の心には何も響かないし、小さすぎてもすぐに飽きてしまう。
作者と色々な話をしながら、その割合が自分にとって心地よいものなのか、そうでもないものなのか、無意識にそれを確かめている。
そして会場を後にして帰路についてからも、ずっとその会話と作品の映像とを反芻している。
それでもなお心に留まり続ける作品の割合は、それほど多くない。


一度にたくさんの作品を見ることには、じっくりと数少ない作品を見ることとはまた違う魅力があることには間違いない。
こういう機会にたくさんの作品を見ると同時に、今日気になった作品を持つギャラリーにも、個々に足を運んでみたいと思う。

12042901.jpg


  1. 2012/04/29(日) 23:58:24|
  2. Sony α NEX-5 Biogon 35mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Red

12042801.jpg
  1. 2012/04/28(土) 22:15:30|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緑の葉っぱ

12042701.jpg
  1. 2012/04/27(金) 23:20:07|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F Planar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

On the Street

120426001.jpg
  1. 2012/04/26(木) 23:55:35|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青空の恵み

12042501.jpg
  1. 2012/04/25(水) 23:18:00|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F Planar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太陽の恵み

12042401.jpg
  1. 2012/04/24(火) 23:11:10|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

椿賑わう

12042301.jpg
  1. 2012/04/23(月) 23:00:21|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲間にはっきりと

12042201.jpg
  1. 2012/04/22(日) 22:40:18|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

有元伸也写真展「ariphoto2012 vol.2」へ

有元伸也写真展「ariphoto2012 vol.2」へ。
大阪に移ったので前回は都合がつかず行けなかったのだが、今回は行くことができた。
カメラが変わってから2回目の展示、僕自身ははじめて見る展示ということになる。

ローライフレックスとハッセルの違いというよりも、画角の違いが撮る側の視点からすると大きな影響を受けそうに思うが、写真自体は変わったようでいて変わっていないようでいて、やはり有元さんの写真だな、と思った。
もう長く見続けているシリーズなので、1枚の写真、1回の展示では掴みきれないことであっても、積み重なることで少しずつ頭の中に定着し、カメラが変わった事など超えたところに存在する何かに反応しているようでもある。

前回見られなかった展示作品も、お願いして見させていただいた。
カメラが変わってからの2回分を一気に見たことになるのだが、街と人とのバランスが2回分を見ることでちょうど心地良いバランスになって、好きな作品がとても多いと感じた。
昨年一年間、震災の影響や引越しを含む個人的な変化等でなかなか作品の購入に至らなかったのだが、また何枚か購入する方向で考えてみたくなる作品がいくつもあった。
作品を所有したくなるかどうかは、(それが全てではないが)その作品を好きかどうかの一つの重要なバロメーターになる。
少し時間を置いてみてどうしても脳裏に浮かんでくる作品がどれほどあるか、じっくりと熟成させてみようと思う。

12042101.jpg
  1. 2012/04/21(土) 23:35:06|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋台の風景(2)

12042001.jpg

12042002.jpg
  1. 2012/04/20(金) 22:55:35|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋台の風景

12041901.jpg
  1. 2012/04/19(木) 22:43:17|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年の桜(7)

12041801.jpg
  1. 2012/04/18(水) 23:52:04|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の桜(6)

これまで一度も行ったことがなかった造幣局の通り抜けへ。
夜にもかかわらずすごい人だった。
普通の桜ではなく、八重咲き種が複数。
儚さというよりも華やかさが強く、元気になれるような気がした。

12041701.jpg

12041702.jpg

12041703.jpg

12041704.jpg

  1. 2012/04/17(火) 23:01:30|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鴨川

12041601.jpg
  1. 2012/04/16(月) 22:15:17|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の日差し

12041501.jpg
  1. 2012/04/15(日) 21:50:17|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生の季節

街を歩いていても、山を見ても、冬の間止まっていた時間が動き出したかのように賑やかになってきた。
新緑の季節が一年で最も好きだ。
植物は一年単位で生と死を繰り返しているようにも感じる。
そうであるとすれば、春というのは生の季節とも言える。
心踊るのも無理はない。

12041401.jpg
  1. 2012/04/14(土) 23:28:25|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春を告げる花

木蓮の花が咲くと、春がきたなと思う。

12041301.jpg
  1. 2012/04/13(金) 22:49:34|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の桜(5)

12041201.jpg

12041202.jpg
  1. 2012/04/12(木) 23:26:24|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の桜(4)

12041101.jpg

12041102.jpg

12041103.jpg
  1. 2012/04/11(水) 22:12:07|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の桜(3)

120410001.jpg

120410002.jpg

120410003.jpg

120410004.jpg

120410005.jpg
  1. 2012/04/10(火) 22:42:35|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年の桜(2)

12041001.jpg

12041002.jpg

12041003.jpg
  1. 2012/04/09(月) 22:02:06|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の桜(1)

大阪に移ってきてはじめての桜。
自宅マンションの近くでも、実家付近でも、桜が満開。

12040801.jpg

12040802.jpg

12040803.jpg
  1. 2012/04/08(日) 23:02:02|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の真ん中

12040701.jpg
  1. 2012/04/07(土) 23:56:04|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

散り花のリアリティ

12040601.jpg
  1. 2012/04/06(金) 23:32:18|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蓄積された時間が表層に滲み出している

12040501.jpg
  1. 2012/04/05(木) 23:59:10|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

On the Street

12040401.jpg

12040402.jpg
  1. 2012/04/04(水) 23:25:40|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ冬の光景も懐かしくなる

10040301_20120403215953.jpg
  1. 2012/04/03(火) 22:00:27|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界が輝く瞬間

何の変哲もない風景なのに、全てが輝いて見える瞬間がある。
光の加減や空気感、様々な要素に加えて、何よりもこちら側がそういう風に感じ取る”気分”にあることが必要条件となる。
カメラを持って歩いていると、その瞬間に出逢える割合が、確実に高まるように思う。

12040201.jpg
  1. 2012/04/02(月) 22:08:38|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月なのに冬の光

12040101.jpg
  1. 2012/04/01(日) 19:57:58|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する東京在住の大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング