日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

台湾の旅(18)

台南は台湾の京都と言われている。
古いお寺や路地が残っているからだ。
そんなイメージで台南に行ってみると、駅前から続く街が大きく近代的なことに驚いた。
しかししばらく歩くと、少しずつ落ち着いた街並みが現れてきて、古いお寺がぽつぽつと見え始めてきた。
日本のお寺のイメージとはずいぶん違い、どちらかというと沖縄の建物のような色彩だ。
ところが、その内部に入ると、しんと静まった空気が流れていて、そこはやはりお寺なのだと実感する。

台南はまた、食の都としても有名だ。
台湾も南の方に来ると海産物が豊富になり、それゆえ食のバラエティーも広がる。
ここで食べたエビとタコのチャーハンの味が忘れられない。

11063001.jpg

11063002.jpg

11063003.jpg

11063004.jpg

11063005.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/06/30(木) 23:23:25|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(17)

11062901.jpg

11062902.jpg

11062904.jpg

11062905.jpg
  1. 2011/06/29(水) 22:24:09|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(16)

11062802.jpg

11062801.jpg

11062804.jpg

11062803.jpg

11062805.jpg


  1. 2011/06/28(火) 22:17:20|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(15)

11062701.jpg

11062702.jpg

11062703.jpg

11062704.jpg

11062705.jpg

11062706.jpg

11062708.jpg


  1. 2011/06/27(月) 20:27:35|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(14)

111062601.jpg

11062602.jpg

11062605.jpg

11062604.jpg

11062603.jpg

11062606.jpg


  1. 2011/06/26(日) 23:28:35|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(13)

台中を離れ、台南へ。

11062504.jpg

11062505.jpg

11062506.jpg
  1. 2011/06/25(土) 23:50:50|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

台湾の旅(12)

11062501.jpg

11062502.jpg

11062503.jpg
  1. 2011/06/24(金) 23:59:55|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の夜(11)

台中ではかなり規模の大きな夜市である逢甲夜市へ。
15時ぐらいから人が増え始め、深夜12時を過ぎても人が減る気配がない。
その間中ずっと活気があり、日本で言うとお祭りのような状態。
果てしなく続くように見える屋台の列。
台湾の活気を味わった夜だった。

11062301.jpg

11062302.jpg

11062303.jpg

11062304.jpg
  1. 2011/06/23(木) 21:42:03|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(10)

11062201.jpg

11062202.jpg

11062203.jpg

11062204.jpg

  1. 2011/06/22(水) 21:42:18|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡部 さとる写真展「Silent Shadow Aomori2011」を見に。

またしても台湾土産のお茶を持って、渡部さとる写真展「Silent Shadow Aomori2011」を見に。
Johnさんからの預かり物もあったので、渡部さんに会いたかったのだが、土曜日は2Bがあるので5時以降しか在廊されておらず、日が合わないままに日にちが過ぎ、結局最終週になってしまった。
久々に渡部さんのまとまった枚数の展示を見たが、渡部さんらしいトーンの写真が多いという印象。
東北方面の空と渡部さんの創りだすトーンがうまくマッチしているように思う。
25枚売れたら写真集出版、という賭けに勝って既に26枚が売れているという。
普通に考えたら、写真展の会期中に10枚以上売れたらすごいのに、27枚の展示で26枚が売れている(重複があるため、全ての写真が売れているわけではないが)という状況は、本当に驚異的だ。
純粋に作品のみを見て購入を決める、ということからすると、Webでの渡部さんの発言等が影響してバイアスがかかっていることは否めないが、そうであっても作品を買うことはその作家の将来を買うことだから、渡部さんの将来を買いたいと思う人がそれだけたくさんいるということで、やはりそれは作家としての渡部さんの魅力なのだと思う。

写真展で展示を見る際に常に気になるのは、展示の並びだ。
今回、ハイキーの写真の隣にローキーの写真があり、その並びが好きだと伝えると、今回の展示の並びをどのように決めたかを教えてもらえた。
なるほどそういう視点で会場全体を再度見渡してみると、また違った楽しみが見えてくる。
写真は単体ではなく連続なのだと、展示を見ていても強く感じる。
それは絵画や他の美術作品とは違った特色なのだと思う。

台湾の話やその他もろもろの近況報告をひとしきり終え、ギャラリー閉廊時間が迫ってきたので会場を辞した。
「泉の展示も見に行って。」
アシスタントの泉さん(泉大悟さん)の写真展の宣伝をされるあたり、みんなから「師匠」と呼ばれる所以だろうな、と思う。
こちらも27日(月)までなので、早めに行かないと。

泉さんの展示の情報はこちら
泉さんの展示に関する渡部さんの日記はこちら

11062101.jpg
  1. 2011/06/21(火) 23:07:01|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(9)

台中は台北に比べると少し田舎の大きな街、という感じだ。
街自体が古い印象を受ける。
駅裏の観光客があまり来ない定食屋で食事。
こういうお店の食事にはずれがなく、食材と調味料が絶妙のバランスを保っている。
極限まで調味料を減らし、それでいて豊かな味わいがある、まさに引き算の料理が文化として根づいているようだ。

11062001.jpg

11062002.jpg

11062003.jpg

11062004.jpg

11062005.jpg

11062006.jpg

  1. 2011/06/20(月) 21:58:55|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(8)

台北から台中へ。

11061903.jpg

11061901.jpg

11061904.jpg

11061902.jpg

11061905.jpg
  1. 2011/06/19(日) 23:41:49|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有元伸也写真展「ariphoto selection vol.2」を見に。

台湾から買ってきたお茶をお土産に、有元伸也写真展「ariphoto selection vol.2」を見に。
これまでのariphotoのシリーズのセレクション第二弾。
懐かしい写真が並んでいる。
見たことがない写真もあったが、2006年のものとのことで、実際の展示の際に見ることができなかったものだ。
どの写真の登場人物も個性的で、これだけ特徴的な人々で壁を埋め尽くすことは並大抵のことではできない。
長年同じテーマで撮り続けていることがなせるわざだと思う。
こうして一同に介してこれだけ力強い写真を見られることは、本当に贅沢なことだ。

有元さんの写真を見ていると、人間が生きていることと、そのことが表面に現れている事との距離がとても近い人が多いと思う。
本来人間はもっとその人の生き方がにじみ出ているべきものなのかもしれない、そう思わせられる。
先日の台湾の旅でも、南部や東部に行くと漢民族ではなくもともと台湾に住んでいた人たちの割合が高くなる。
そういう人の顔には、どことなく力強さがあって、その人の生活が垣間見られるような気分になることも多かった。
最初はとっつきにくそうな印象を持つそういう人達も、少し話すと急速に距離が近くなる。
しかしそういう人との対話からは、人と接して話をすることの喜びを感じる。
やはり自分はどこまでいっても「都会人」ではないようだ。
個性的な人たちのポートレートを見ながら、そんなことを考えていた。

11061801.jpg


  1. 2011/06/18(土) 22:46:44|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(7)

11061701.jpg

11061702.jpg

11061703.jpg

11061704.jpg
  1. 2011/06/17(金) 22:14:51|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(6)

初日、久々の海外にも関わらず夜の街を歩いた。
人が街に溢れ、不安になることもなく時間が過ぎた。
安全な国だとは聞いていたが、繁華街では予想していた以上に安心感があった。
もしろん最低限の注意は怠ってはいなかったが。

カメラはX1とNEX-5にミノルタのM-ROKKOR 40mm。
X1の手軽さと画角、M-ROKKORの開放でのボケや滲みを重視した。
そして何よりも、軽くて機動力があることが重要だった。
旅の機材選択の基準は常に信頼性と機動性。
何度も書いているように、初めての海外旅行に持っていったカメラがCONTAX T2一台のみだったことが、その原点なのだと思う。

11061601.jpg

11061602.jpg

11061603.jpg

11061604.jpg

11061605.jpg

  1. 2011/06/16(木) 23:59:17|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(5)

11061501.jpg

11061502.jpg

11061503.jpg
  1. 2011/06/15(水) 21:56:52|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(4)

11061402.jpg

11061403.jpg

11061401.jpg

11061404.jpg
  1. 2011/06/14(火) 23:55:35|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(3)

11061301.jpg

11061303.jpg

11061302.jpg

11061304.jpg
  1. 2011/06/13(月) 22:38:20|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(2)

11061201.jpg

11061202.jpg

11061203.jpg

11061204.jpg

11061205.jpg

11061206.jpg

11061207.jpg





  1. 2011/06/12(日) 21:27:24|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾の旅(1)

日本に戻ってきた。
今回の旅では、台北を出発して西側を高速鉄道、東側をローカルの列車で台湾を一周した。

外国に限らず行ったことのない土地というのは、メディアや知人の撮った写真等によって、ステレオタイプなイメージが付きやすい。
台湾について最初に感じた印象で事前のイメージの中になかったことは、植物が多いということ。
雨が多く年間平均気温が高いという、植物が育つために好都合な環境ももちろんあるのだけれど、そればかりではなく、植物を育てる人が多いのだ。
集合住宅の窓や、家の前のスペース、公共空間、、、至る所に植物が植えられている。
要するに植物を愛でる習慣が日常の中に溶け込んでいて、それが街の風景に滲み出している、ということなのだ。

よく言われることだが、台湾の人は優しく、日本人が好きな人も多いという。
実際に旅の途中で出会った人も、人懐っこく優しい笑顔で出迎えてくれた人が大半で、従前のイメージ通り、といった感想だ。
それは植物を愛でる習慣と無関係とは言えないように思う。
そういう意味では、日本が統治していた時代があるということも関係して、気候や文化が似ていることから、言葉を超えた共通の感覚を持っているのかもしれない。

明日から少しずつ写真を整理しながらアップしていこうと思う。

11061101.jpg
  1. 2011/06/11(土) 23:57:26|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Taipei

台北にいる。
海外旅行は随分久しぶりだ。
最後に行ったのはネパールだから、アジアが続くことになる。

台湾は安全だとの話はよく聞いていたが、確かに今日の夜の街を歩いた感覚として、特に身の危険を感じることはなかった。
アジア人であることや、街が昔の日本のような空気感を持っている事も影響しているのだろう。
海外に来たという興奮よりも、懐かしいと感じられる街を見つけた時の静かな喜びの様な感覚に近いものを感じる。

明日から少し移動する予定だ。

※写真がアップできる環境にないため、写真は帰ってからゆっくりとアップします。
  1. 2011/06/04(土) 22:55:08|
  2. mobile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅へ

11060301.jpg

一週間ほど旅に出ます。
更新できないかもしれませんが、悪しからず。

  1. 2011/06/03(金) 23:59:22|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

On the street

11060201.jpg
  1. 2011/06/02(木) 23:59:00|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長蛇の列

11060101.jpg
  1. 2011/06/01(水) 22:46:16|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する東京在住の大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。