日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

植物のモチーフ

植物が好きだからなのか、それとは関係ないのか、植物をモチーフにした造形が好きだ。
人の手が加わっていることにより、愛しさが増しているように思う。

11043001.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 23:59:44|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駐車禁止

11042901.jpg
  1. 2011/04/29(金) 21:23:53|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴重な空間

防災上、これから作る街にこれだけ長く細い路地が出現することは、残念ながらない。
いわゆる一団地として面整備し、その中に設けることは可能かもしれないが、それは厳密な意味での「公」の空間ではない。
加えて、そうやってコントロールされて作られた路地と、自然と出来上がってきた路地との間には、大きな隔たりがあるように思う。
大塚から池袋に向かう一角にこの路地を見つけたときの喜びを、いまでも鮮明に憶えている。

11042801.jpg
  1. 2011/04/28(木) 23:56:12|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々の些細なことに目を向けること

110427001.jpg
  1. 2011/04/27(水) 23:59:12|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

On the street

11042701.jpg
  1. 2011/04/26(火) 23:51:25|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎日通る道

11042501.jpg
  1. 2011/04/25(月) 23:58:06|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

路地を抜けた先に

大塚~池袋界隈で最も細い路地を抜け、住宅が密集するが故昼間でも光が差し込まない通りを歩いていた。
一角に開けた空き地。
誰が植えたのか、菜の花が咲いている。

空き地を見ると、その土地が持つ過去と未来に思いが向かう。
さながら時間の流れを一時的に止められた場所、といったところだろうか。
しかしその時間がこうして多くの人に春の訪れを告げるのであれば、それはとても素晴らしいことだと思う。

11042401.jpg
  1. 2011/04/24(日) 23:59:12|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

片隅に咲く

美しく管理されている草花よりも、少し乱れた鉢が混在しているぐらいが良い。
生活のリアリティ。

11042301.jpg
  1. 2011/04/23(土) 23:59:34|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

待機中

11042201.jpg
  1. 2011/04/22(金) 23:55:57|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れ点景

11042101.jpg
  1. 2011/04/21(木) 23:49:37|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有元さんに撮影していただく

有元さんに撮影していただく。
好きな場所をぶらぶらと歩きながら、お気に入りの場所で三脚を据えて撮っていただく。
こんな体験はめったにできない。
有元さんの撮影風景を撮られる側に立って見る、というのもかなり贅沢な体験だ。

神楽坂をぶらぶらと歩き、その後大塚に移動。
路地裏を散策しながら日が暮れるまで。

贅沢で楽しく、充実した時間。
忘れられない一日となった。

11042001.jpg
  1. 2011/04/20(水) 23:59:23|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄昏Blue

11041901.jpg
  1. 2011/04/19(火) 23:59:12|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

路地裏を飾るいのち

11041801.jpg
  1. 2011/04/18(月) 22:51:31|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宵闇に包まれて

11041701.jpg

11041702.jpg
  1. 2011/04/17(日) 21:24:52|
  2. Sony α NEX-5 M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルデコでモンゴル2010

渋谷のルデコでワークショップ2Bのグループ展「モンゴル2010」
ジョンさんもモンゴルの旅に参加し、来日する予定だったのだが地震の影響で来られなくなってしまい、写真だけでの参加となった。

モンゴルは何度も渡部さんが有志を募って行っていて、何度目かの参加の人もいる。
通常のワークショップのグループ展と異なり、展示経験を持つ人ばかりが展示している。
だからなのか、見ていて安心感があり、作品にも力がある。
継続的に展示をしていくことの重要性を再認識させられた。

自分が参加したのが17期で、既に30期を超えていることもあり、最近のグループ展は見知った顔をパーティで見かける割合も少なくなっていたのだが、今日のモンゴル展ではかなりの割合で長いお付き合いの人たちに会えた。
近況報告などしながら、渡部さんとも長話。
先日の藤原新也氏の写真展の話などで盛り上がった。

いくつか用事を済ませてから観に行ったこともあり、会場に入るまでは少し疲れた感じがあったのだけれど、会場を後にした時にはそんなことを忘れてしまうぐらいに元気になっていた。
先日の有元さんの写真展でもそうだったが、懐かしい顔を見て久々に話をし、なにより写真に囲まれて写真の話をすることが、自分にとってとても幸せなことなんだと改めて実感。

11041601.jpg
  1. 2011/04/16(土) 22:24:01|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光を見ている

11041501.jpg

11041502.jpg
  1. 2011/04/15(金) 22:00:06|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャララ

ここ数日、ブルーハーツの「シャララ」という曲が頭から離れない。
初めて聞いた時、曲調とヒロトの優しい声に惹かれ、すぐにブルーハーツの曲の中でも一、二を争うほど好きになった。

何のことを歌っているのか、なんとなくしか考えていなかったのだけれど、ある時原発(もしくは原爆)のことなのだと気付いた。
(気付いた、というのは「そう解釈できる」と気付いた、という意味だ。)
発売当時にシングルを買っていればもっと容易に気づけたと思うのだが、なんとなくで聞いているとすぐには想像できないほどに、隠喩がうまく使われている。
そもそも「シャララ」というのは黒い雨が降っている状況を表しているのではないか。
歌詞にも出てくる”黒い雨”、”世界平和”、何よりこの曲は先日のエントリーでも歌詞を引用した「チェルノブイリ」のカップリング曲だ。

---------------------------
シャラララ・・・シャラララ・・・

大変だ、真実がイカサマと手を組んだ
誰か僕に約束の守り方教えてよ

ヘリコプターに驚いたお天気の神様が
「さようなら」も言わないで黒い雨降らせてる

シャラララ・・・シャラララ・・・

見上げてごらん風に乗った女神様
誕生日もわからない白髪のおばあさん

力こぶも作れないあなたの力では
プロレスラーも倒せない世界平和守れない

あー奇跡を待つか
あー叫ぶのか あー叫ぶのか

あー全ての罪は
あーみんなで分けましょう
みんなで分けましょう

シャラララ・・・シャラララ・・・
---------------------------

ちなみにこの曲、「シャララ・・・」と繰り返しフェードアウトしていく曲の最後に音量を上げていくと、コーラスしてくれている子供に向けてヒロトが「もっともっと」「はい、ありがと」と優しく声をかけているのが聞ける。
どういう経緯だったかは忘れたが、そのことを発見した時、すごく嬉しくて、なんだか救われた気分になったものだ。

11041401.jpg
  1. 2011/04/14(木) 22:23:56|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芽吹きの季節

11041301.jpg
  1. 2011/04/13(水) 22:39:54|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜の花の記憶

幼い頃、家の庭の一部が畑だった。
その中に菜の花が植えられていたかどうか記憶が定かではないが、春のにおいは菜の花のにおいと重なる。
庭先に植えられている菜の花を見ると、ほっと温かい気持ちになる。

11041201.jpg
  1. 2011/04/12(火) 21:59:00|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陽光満受

11040111.jpg
  1. 2011/04/11(月) 20:24:59|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

On the street

11091001.jpg
  1. 2011/04/10(日) 23:48:30|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有元伸也写真展「ariphoto 2011 vol.1」

有元伸也写真展「ariphoto 2011 vol.1」を見に行く。

DMの写真がかっこいいので期待していたが、期待を裏切らない内容。
地震の前後で撮られたとのことで、そのことが見て取れる写真もある。
昨年後半のシリーズの中では、少し新しい一面が見られるような流れがあったのだけれど、今回の展示は原点回帰のような印象。
その分力強い写真が並び、濃密な展示に感じる。
惹きつけられ、じっと思考を捉えられるような写真が多く、写真に力があることを感じさせてくれる。

実は少し風邪で体調がすぐれなかったのだが、閉廊後にゆっくりお話させていただいているうちにすっかりよくなった。
渡部(さとる)さんがカメラを手渡されると風邪が吹き飛んだという話を旅するカメラに書かれていたが、写真に囲まれてお話することは僕にとっても同じような効果があるようだ。


11040901.jpg
  1. 2011/04/09(土) 23:18:38|
  2. Sony α NEX-5 G Planar 35mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まあるい地球は誰のもの

斉藤和義が反原発の歌を動画サイトにアップした。
「ずっと好きだった」の替え歌で「ずっとウソだった」。
削除する圧力がかなりあるらしいが、どんどん増殖していたちごっこになっている。
探せばすぐに見つかる。

ブルーハーツもそうだが、原発に対する強烈な反対の意思を唱えていたアーティストとして思い出すのは、やはり忌野清志郎だ。
今ほど簡単に公にメッセージを伝えることが簡単ではなかった時代に、頑なにメッセージを発し続けていた人だ。
清志郎の声を今聞いても、まだどこかで生きているような気持になる。
今回の件についても、頭の片隅でずっと反対のメッセージを出し続けていた清志郎の声が聞こえ、具体的に何もアクションを起こせなかった自分を反省する気持ちになる。
清志郎がサマータイムブルースで「原発はいらねぇ!」と歌った当時37基だった原発も、今では54基。

斉藤和義は清志郎が亡くなった時に、Phoenixという曲の中で「なんかすいません」と彼らしい表現で歯がゆさを表現している。
清志郎は今も世界のどこかで愛と平和を祈り、許せないものには徹底的に「No!」を突き付けているように感じる。
それに対して「なんかすいません」と謝りながら、自分にできることとして痛烈な「No!」を突き付ける。
斉藤和義も、やはり「信頼できる大人」なんだと思う。

今日の20時からUstreamで斉藤さんのライブ番組があった。
前半「ちょっとお騒がせしている斉藤です」などと冗談まじりで確信犯であったことを吐露し、それでも何事もなかったかのように懐かしい曲を歌い続けた。
最後の最後に、「ずっと好きだった」を歌い、そのまま間髪いれずに「ずっとウソだった」を歌った。
あまりのアクセス数故か、どこからか圧力がかかったのか、途中で接続が途切れた。
スタッフから「切れています」と声が入ったのだろうか、途中で歌を止め、「切れちゃったの?止められちゃった?」といった場面があった。
本当に圧力がかかって止まったのかはわからないが、その後もまた最初から歌い直し、結局本人が本人の意思で歌っていることを明確に示した。

もちろん原発にNo!を突きつけるだけでOKというような単純な話ではない。
でも無関心でいることに慣れてしまっていることは反省しなければならない。

ブルーハーツの甲本ヒロトも、忌野清志郎も、斉藤和義も、みんな正しいことを正しいと思ってストレートに発信しているだけだ。
その背後にあるのはとてつもなく純粋で大きな優しさ。


まあるい地球は誰のもの?
くだけ散る波は誰のもの?
吹き付ける風は誰のもの?
美しい朝は誰のもの?

11040801.jpg

  1. 2011/04/08(金) 22:15:25|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

隙間の空間

街を歩いていて、ふと静かな空間に出くわすことがある。

「街」とおおざっぱな言い方をするとビルやマンションが建ち並ぶような都会を想像する人も多いと思うが、実際にはそんな一言で片付けられるほど単純なものではない。
街の成り立ちにもよるのだけれど、歴史が重層的に積み重なり、地形を始めとする様々な要因が制約条件となって土地利用が多様になっている街ほど、魅力的な空間が多い。
そういう街には決まって「隙間」がある。
新しく作られた街にはあまり多くない空間でもある。

「隙間」の空間にはたいてい喧噪の中にあっても静かな時間が流れている。
そういう場所を見つけてゆっくりと露出やピントを合わせてシャッターを切る時間が好きだ。
時には猫と目が合い、同じ時間を過ごしているような気分になることもある。
贅沢な時間。

この5年の間にも少しずつ減ってきてはいるが、それでも東京にはまだまだそういう「隙間」の空間がたくさん残されている。

11040701.jpg
  1. 2011/04/07(木) 22:33:26|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

On the street

11040601.jpg

11040602.jpg
  1. 2011/04/06(水) 20:59:21|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永井画廊/藤原新也氏から手紙が届く

日々の生活を淡々と続けることの重さを、震災の後に実感として感じている。
もともと別に軽視していたわけでもなく、人並みかもしくは人並み以上に今ここにいられることの奇跡を思っていた方だと思う。
うまく言葉にできないけれど、どこかで何かが変わったのは間違いない。

永井画廊/藤原新也氏からの手紙が届く。
作品を購入した人に向けたお願いの手紙なのだが、読んでいて感動してしまった。
めまぐるしく流れていく情報とは対照的に、丁寧に編まれた言葉の力を実感する。
詳細はおそらくそのうちブログで公開されるだろうが、全面的に氏の意向に賛同するつもりだ。


11040501.jpg
  1. 2011/04/05(火) 23:59:28|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Block

11040401.jpg

ハービーさんが震災の義援金募集のためにキャビネサイズのプリントを販売されたので、申し込んだ。
(現在既に予定数に達したとのこと。)
イベント等でもプリントの販売を通じて義援金を募集されている。
ハービーさんの話を聞いたり著作を読んだりしていると、人間の力をまっすぐに信じるスタンスに全くぶれがないことに敬服する。
ぶれないことは作家として生きて行くためにとても大切なことだと思う。
  1. 2011/04/04(月) 23:27:32|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Over the cloud

11040301.jpg

11040302.jpg
701
  1. 2011/04/03(日) 23:17:20|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜2011

11040201.jpg

11040202.jpg

11040203.jpg
  1. 2011/04/02(土) 23:47:52|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Shinjuku Street

11040101.jpg

11040102.jpg

11040103.jpg
  1. 2011/04/01(金) 23:52:23|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する東京在住の大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。