日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

旅立ちの花水木

昨夜から大阪に行っていた。
年度末の最終日ということもあり、大きな山を一つ超えるためだ。
大きな緊張を伴うイベントはいつも苦痛を伴うものでもあるが、その後の爽快感は全力を出し切ったスポーツの後の脱力感に似ている。

帰りの新幹線。
新入社員と思しき若者の集団。
着慣れないスーツと真新しい鞄、無意識のうちに高ぶる神経、ハイテンション。
桜の季節の光景。
そういえばあの頃、自分も同じように東京に向かったのだった。
入社式を終え、研修を終え、毎日が桜とお酒と笑いにまみれた日々だった。
自分が社会人になった頃も大氷河期だったけれど、あの頃と今で、社会は若者にとって優しくなることはなく、厳しくなる一方だ。
それでも、5年、10年と経てば今日の日を懐かしく思い、そして貴重な日々だったと思い返す日が来るだろう。


東京に戻り、最終日となった藤原新也さんの写真展「死ぬな、生きろ」を見に行く。
5回目。
おそらく個人の個展で同じ会期中に訪れた回数では最も多い。
さすがに最終日のしかも閉廊間際ともあって、サインを求める人、展示を見る人でごった返していた。
少しだけ藤原さんにご挨拶して、眼に焼き付けるべく展示を見て回る。
毎回心にしみ込んでくる作品が異なるのは、何も変わっていないように見えて日々少しずつ自らの中にも変化があるということなのだろう。
「旅立ちの花水木に埋もれ」
「あの世の人恋しくなる宵間」
「命という名の幻」
藤原さんは黙々と著書に円顔地蔵を描いている。
多くの人が藤原さんと話をしてすっきりとした顔で帰って行く。

募金箱に少し背伸びした金額を入れ、心の中で一礼して帰る。
相変わらず街の灯りは少ないが、明日は街中に初々しい緊張感を伴った笑顔が溢れるのだろう。


11033101.jpg
  1. 2011/03/31(木) 22:40:31|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

確実に春は来ている

11033001.jpg
  1. 2011/03/30(水) 23:56:51|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

路地裏自転車

11032901.jpg
  1. 2011/03/29(火) 23:55:10|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

老舗

110328001.jpg
  1. 2011/03/28(月) 20:18:54|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルデコで2Bグループ展

2Bのグループ展を見に渋谷のルデコへ。
久々に渡部さんともお話。
毎度2Bのグループ展は楽しい。
渡部さんが監修しているのである一定以上のクオリティを保ちつつ、バラエティに富んでいる。
今回はデジタルで撮られた作品が少なかったように思う。
しかしプリントで最も好きなトーンが出ていたのは、フィルムで撮ってデジタルで出力したものだった。
藤原さんの作品もデジタルだし、このところ本当にフィルムかデジタルかの区別に意味がなくなってきているように思う。

11032801.jpg
  1. 2011/03/27(日) 23:59:58|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤原新也写真展「死ぬな、生きろ」延長戦

銀座の永井画廊にて、会期延長された銀座の永井画廊にて、藤原新也写真展「死ぬな、生きろ」を見る。
四度目だ。

震災の影響で一時中止となったが、3月末まで延長された。
募金箱が置かれ、本の売り上げ全額と作品の売り上げ作家取り分、ギャラリー取り分の一部が義援金になる。

藤原さんが先日被災地に行かれて、寒いのに眼から汗をかき、子供たちに円顔地蔵を書き、被災地の惨状をつぶさに語られていた。
自分はというと、被災地入りして何かができるわけでもなく、そんなことを言い訳にしながら日々一生懸命に目の前にある自分の役割を淡々とこなす、そんな毎日だった。
メディアでは日に日に取り上げられる時間が減り、余震の数も減り、徐々に浮ついた言葉だけが流れ始めている。
わかったようなつもりにはなりたくないけれど、被災された人々のそれぞれに、大切な思い出や大切な人とのつながり、奇跡のような出会いがあったことを、思わずにはいられない。
そういう思いを忘れていってはならないと思う。

自分に何が出来るか、簡単に見つかるものではないけれど、かといってそこかしこでみかけるようになった募金箱に闇雲に募金をしても、自らを慰めるだけなのではないか、そんな思いもあった。
せっかくなら信頼できる人に託して、少しでも役に立ててもらえるようなことができる方が良い。
そう思って今日永井画廊でいくばくかの募金を、そして二冊目の「死ぬな、生きろ」を購入してきた。
藤原さんが以前新潟の地震の際に募金で苦い思いをされた、との記事から、普通に義援金を送るだけではない、何かをされるのだろうという思いがあるからだ。
もちろん自分自身としても、長期的な視点で何かできないか、これからも模索するつもりだ。


四度目ともなるとずいぶん作品の見え方も変わってくる。
特に書の方の見え方、書と作品との関係に視点が向かう。
書に書かれた言葉と写真は、写真とキャプションの関係ににている。
両方を行ったり来たりできる作品がやはり良い作品なのだと思う。
そして書には「声」がある。
これは藤原さん自身がどこかに書かれていたことだが、書は「声」なのだ。
だから字の大きさや力強さ、濃淡、そういったものがそれぞれ全く違うし、写真や言葉の意味によって変化する。
書をじっくり見ながら作品と対峙していると、次第に体の芯が熱くなる感覚を覚える。
四度目なのに、毎回画廊を出た後何かパワーをもらったように背筋が伸びる。

少しでも人の役に立ちたい、という思いから行った画廊で、逆に元気をもらって帰ってきたわけだ。
会期はもう少しあるので、まだ行かれていない人はぜひ。


11032601.jpg
  1. 2011/03/26(土) 22:26:39|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

綺麗好き

11032501.jpg
  1. 2011/03/25(金) 23:07:46|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Night Walk

11032401.jpg

11032402.jpg
  1. 2011/03/24(木) 23:59:14|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

On the street

11032302.jpg

11032303.jpg

11032301.jpg
  1. 2011/03/23(水) 23:44:37|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れを眺める時間

11032201.jpg

11032202.jpg

11032203.jpg
  1. 2011/03/22(火) 23:59:15|
  2. Sony α NEX-5 G Planar 35mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日常であること

少しずつ余震の数が減ってきて、日常の生活が戻ってきつつある。
部屋の中に散乱したモノの中には破損したものもあり、多少の被害はあったものの、被災地のそれに比べれば無視できるほどのものでしかないだろう。
メディアの取り上げる時間が減るにつれて、気を付けていなければ、少しずつ現地で起きていることを現実のものとして捉えることが難しくなってくる。
自らの生活は日常に戻しつつも、長期的な視点で何をなすべきかを考える。
そのためには、メディアが取り上げない被災地の人々の悲しみを、心に留めておくことが必要だ。
日常であることの大切さを実感として受け止めながら、一生懸命に日々を過ごしていきたい。

11032101.jpg
  1. 2011/03/21(月) 23:04:36|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陽光開花

110319001.jpg
  1. 2011/03/20(日) 22:38:39|
  2. Sony α NEX-5 G Planar 35mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春開く

11092001.jpg
  1. 2011/03/19(土) 22:36:06|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の日だまり

11031901.jpg
  1. 2011/03/18(金) 23:04:53|
  2. Sony α NEX-5 G Planar 35mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つながり

11031701.jpg

心配していた人の無事を確認。
完全に晴れやかな気分になれるわけではないが、のどに刺さった刺がとれたような、少しだけすっきりとした気分。
  1. 2011/03/17(木) 22:54:38|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

淡々と

この写真に写っているつぼみは、今、大輪の花を咲かせている。

11031601.jpg
  1. 2011/03/16(水) 23:53:06|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思考がまとまらない

あまりにもたくさんのことが同時に起きて、思考がまとまらない。
自分にできることを考え、無理の無い範囲で行動に移す。
何よりも大切なのは継続だと思っているから。
阪神大震災の時も、一体どうなるんだろう?と思ったけれど、辛い記憶を内包しつつ神戸は美しい街に復興した。
今は冷静に自らが無理の無い範囲で行動しながら、長い目で見て何ができるかを考えて行きたい。
そんなことを考えている間にも、強い揺れ。
心が休まらない日々がしばらく続きそうだ。

11031501.jpg
  1. 2011/03/15(火) 23:40:08|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

祈り

11031401.jpg
  1. 2011/03/14(月) 23:58:02|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No words

11031301.jpg
  1. 2011/03/13(日) 21:18:34|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無力感

11031201.jpg
  1. 2011/03/12(土) 23:59:51|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんとか帰宅

大変な状況になっているが、なんとか帰宅して無事です。
都内は地下鉄もホームに入るまでに相当並ばなければならない状態で、道路に至っては大渋滞で動かない。
とりあえず土地勘のある上野まで銀座線で移動し、上野から大塚まで歩いてきた。
途中バスを10本ほど追い抜いてきたので、歩くのが一番早いようだ。

部屋に帰ってくると、予想はしていたものの相当ひどい状況になっていた。
玄関から家に入るまでにしばらく時間を要するほどに、床の上に物が散乱していた。
CD、本、写真集、割れたグラス、倒れた鏡、、、、、
どうやったらそんなに動くのだ?と思えるほど動いている棚や冷蔵庫。
部屋にいたとしたら、恐怖は相当なものだっただろう。

被害の状況を見るにつけ、大惨事であることがわかってくる。
少しでも多くの人が救助されることを、心より祈っています。

11031101.jpg
  1. 2011/03/12(土) 03:10:10|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丹念に

11030901.jpg
  1. 2011/03/10(木) 23:59:35|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永井画廊にて藤原新也写真展「死ぬな、生きろ」

銀座の永井画廊にて、藤原新也写真展「死ぬな、生きろ」を見る。

実は昨日も見に行っていた。
本で見るのとは全く別で、一点一点を凝視する時間が長くなる。
昨日じっくり全てを見終えた後、家に帰っても体の芯が暖かいような感覚を覚える。
写真だけでなく、書も同時に額装されているため、ここから発せられる”気”を感じているのだろうか。
いずれにしても心地よい高揚感が続き、充実した時間を過ごしているように感じる。

昨日帰ってきてからもう一度本を読んだ。
展示を見た後だからか、スライドショーで直接氏が読み上げる声を聞いたからなのか、書の方が眼に飛び込んでくる。
巻末に付けられているストーリーをたどる。
もう一度オリジナルを見てみたくなる。


会場を一通り回る。
プリントを買おうかと迷っていた作品は、ことごとく売れていた。
極めつけは、エレベーターで降りる際に先を譲った方が、その足で僕が第一候補としていた作品の購入の意思を告げられたことだ。
会場にいる間も、何点もの作品が売れて行く。
これほどまでに作品が売れる写真展を、未だかつて見たことがない。

昨日も今日も、藤原さんが在廊していた。
先日のトークショーでも質問し、昨日も少しお話していたので、今日はあまり緊張せずに話すことができた。
少しずつ会話は深い話になり、コミュニケーション、身体性、Web、レンズの特性、作品が撮られた背景、街の変遷、個人美術館、ウェブマガジン、、、書き尽くせないほどの濃密な時間を過ごせた。

実はゆっくりお話したかったのは少し意図があって、どんな作品でも購入する前にはしっかりと冷静な判断をして、できれば購入に至るまでの間に作家と直接のやりとりをしたい、という思いがある。
今回はさすがに大御所なので半ば諦めていたのだけれど、思いのほかゆっくりとお話でき、僕が迷っていることも含めてお話させてもらえたので、結局思い切って購入することにした。
どの作品にするかについても、背景や思い入れを伺っていくうちに候補が絞られ、残る二つになった際に聞いたエピソードが僕の心に大きく響いた。
それで、「これにしようかと思うのですが、、、」と言うと、「もう一回ぐるっと回ってきたら?」との答え。
再度オリジナルの作品を1階から5階まで見て回る。
何回も何回も見ているので、”新鮮な驚き”は薄れ、本当に心に残るものだけが眼に飛び込んでくるようになる。

結局最初決めようとしていた方の作品ではなく、もう一方の作品の方がじんわりと心に残ることに気がついた。
最初に判断した時の心の迷いを、しっかりと見抜かれていたようだ。
その上で、ご本人の思い入れを伺うと、後で選んだ方の作品だと言う。
プリントにも苦労したとのことだが、破綻のない美しいプリント。
書(言葉)と写真の関係が対等で、双方がお互いを限定していない作品。
ということで、ご本人に購入の意思を告げた。

その後もしばらくゆっくりお話をさせてもらい、閉廊の時間になってお見送り。
気づくとギャラリーの方と藤原さん以外には誰もいなくなっていた。

夢のような数時間だった。

110309001.jpg
  1. 2011/03/09(水) 23:56:01|
  2. Leica M3 Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しきコントラスト

青い空と赤い布団、天界と俗界。

11030801_20110309003728.jpg
  1. 2011/03/08(火) 23:59:43|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光は恵み

11030701.jpg

11030702.jpg

11030703.jpg
  1. 2011/03/07(月) 23:49:13|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光が運ぶ春

冬の光に春の花が咲く季節になった。
この季節の高揚感がたまらなく好きだ。

街を歩いていて魅力的に見える家とそうでない家がある。
時には「この家は誰も住んでいないのではないか」と思っていると、突然中から住人が現れることもある。
家が醸し出す空気があるとすれば、長年街を撮り続けていることでそれを敏感に感じ取ることができるようになったのかもしれない。
昨日のトークショーで藤原新也氏が言っていた「家が呼吸している」かどうか、ということなのだと思う。

自分が住む家については、最も重要なのはどうやら光のようだ。
自然光が差し込む家というのは、家の中にいても気候や季節を感じ取ることができる。
普段の生活の中では、意識していなければ本来人間が持っているリズムとは違う仕組みの中で生活しなければならない。
そんな中、無意識的に本来のリズムを取り戻せるためには、光が必要なのだと思う。

このところ、部屋に入る光が暖かみを帯びてきた。
まだまだ寒くなる日はあるが、光は確実に春を運んできてくれている。

11030601.jpg
  1. 2011/03/06(日) 22:40:34|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤原新也トーク&スライドショー

青山のRainy Day Bookstore & Cafeで、藤原新也トーク&スライドショー。
氏の著作はほぼ全て(古い一部の写真集を除く)所有しているほどのファンなのだが、直接お会いしたのは初めて。
落ち着いた語り口でスタートしたトークショーは、徐々に引き込まれてメモを取る手が止まらなくなった。

著作やブログ、雑誌媒体等に寄稿されている文章を読んでいるからか、話がすっと心に落ちてくる。

デジタル社会の発信スパン、呼吸、視野、人体にアクセスするプロポーション、揺るぎなき芯、世界が自分の中にすっと入ってくる、心奪われる、目の前の世界を出し入れする、旅の醍醐味、家の呼吸、メッセージではなく状態、競い合うではなく飾り合う、喜びと悲しみ、後ろ姿、人が入ってくると良くなる風景、何でもない風景、山のように近づく、失うことで慈しむ、アスファルトの蝶、線で見ている、波の音のグルーブ、人生の中断、傘になれる命、存在そのものの美しさ、心を開く、(八十八カ所巡りの)寺と寺の間、人生の成就、個人美術館、残すことは好きではないが、機能するものは良い、そこで生きていることを感じてもらう、メディアの変化と受容、極める、デジタルをいかに食っていくか、、、、。

ひっかかった言葉だけを羅列して思い出しても、何冊分もの本を読んだような気分。
話す言葉は静にゆっくりと、普通の人が話す以上に間を空けて話される。
もしかするとこれは意図的なのではないだろうか?と思った。
冒頭、デジタル社会の発信スパンと呼吸の浅さ、生きていることについての話があった。
藤原新也氏の語り口は、情報が大量に流れてくる現代においては非常にゆっくりと感じられるものだけれど、その実非常に内容の濃い、密度の高い言葉が発せられているように思う。
そういう伝え方だってあるんだということを、身を以て示されたのかもしれない。

現在銀座の永井画廊で個展も行われているので、近いうちに行くつもりだ。


11030501.jpg
  1. 2011/03/05(土) 23:42:41|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

冬空

11030401.jpg

11030402.jpg
  1. 2011/03/04(金) 23:59:36|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月3日

11030301.jpg
  1. 2011/03/03(木) 23:59:14|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

On the street

11030102.jpg

一日が短く感じられる日々。
充実しているということなのだろう。
  1. 2011/03/02(水) 23:40:29|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する東京在住の大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング