日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

満開の石楠花

ゴールデンウィークの記憶。

09053101.jpg
神戸市立森林植物園
スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 20:30:02|
  2. Zeiss Ikon M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「今ここにある旅」

コニカミノルタプラザで「風の旅人~今ここにある旅」を見る。
しっかりと対象を見据えて、地に足をつけた写真を撮っている人たちの写真。
そのせいかそれぞれの写真から力を感じるとともに、ゆったりと流れる時間を感じる。
その1枚が撮られるまでに費やされた時間や、その1枚の前後に流れている時間が、見ている側に入ってくるような感覚を覚える。

会場を出てから風の旅人を購入。
展示されていた写真を見た後では、さすがにオリジナルの方が美しいなぁと感じてしまうけれど、本という体裁になって見えてくる繋がりや新たなストーリーもあるし、それ以上にそれぞれの作家が書いているテキストが良い。
社会と真剣に向き合って写真を撮るということは、それだけたくさんの物事を常に考えているということなのだろう。
それが自然と写真だけでなく文章にも現れてくるのかもしれない。


09053001.jpg

09053002.jpg
代官山
  1. 2009/05/30(土) 23:59:53|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F Planar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の街

長い雨だ。
梅雨の前五月に、一度長雨の時期が来る。
その後回復し、六月になって降り始める雨は本格的な梅雨となる。

雨の中を歩くのは好きではないけれど、雨が降っている街を眺めるのは好きだ。
喧騒が雨音にかき消されて、街全体に静けさを感じられるからかもしれない。
雨に濡れて乱反射するネオンを見ているのが好きだからかもしれない。
雨に濡れた瑞々しい植物を見たいからかもしれない。

09052901.jpg
  1. 2009/05/29(金) 23:17:02|
  2. Zeiss Ikon Elmar 5cm 2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斜光の中

09052801.jpg
青山
  1. 2009/05/28(木) 23:47:20|
  2. CONTAX T3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まとめて現像

09052701.jpg
青山

35mmを9本と120mmを2本。
今自分が持っている器具で一度に現像できる限界だ。
35mm×3と120×2を共用できるタンクで現像しているので、合計4クール。
乾燥用のフックの本数が限界なのでこれ以上増やせないということもあるが、どちらかというとこれ以上の本数では集中力が続かないからという理由の方が大きい。

T-MAXが新しくなって少し現像時間が変わっているので、これまでのデータと違うデータを探さなくてはならない。
今回の結果はほんの少しコントラストが高いように思うが、ベースの色が変わっているのでその影響かもしれない。
ベタ焼き代わりのスキャンを終えれば違いが見えてくるだろう。
自動調整をすべてはずしたスキャンをしているので、いつ行なってもしてもスキャン自体に変動はない。
撮影時の露光と現像状態の違いがダイレクトに見えてくる。
デジタルの強みの一つ。
  1. 2009/05/27(水) 23:59:03|
  2. CONTAX T3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の記憶

いつの間にか春がやってきて、過ぎ去っていった。
冬の記憶はもう遠い。

09052601.jpg
大塚
  1. 2009/05/26(火) 23:37:29|
  2. Zeiss Ikon Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都

20090526011323
  1. 2009/05/26(火) 01:13:36|
  2. mobile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若葉の頃(2)

09052401.jpg
  1. 2009/05/24(日) 23:34:02|
  2. Zeiss Ikon Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若葉の頃

09052301.jpg
  1. 2009/05/23(土) 23:02:34|
  2. Zeiss Ikon M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の散歩と夏の風

シャワーを浴びた後、夜の街を散歩。
火照った体を撫でる風が気持ち良い。
小さい頃の夏の夜の風を思い出す。
日中の暑さを冷やすように、夜の風はひんやりと気持ちよかった。
盛夏を迎える頃に聞えてくる虫の音も、涼しさを助長していたように思う。
都心部と水田に囲まれた田舎を比較することはできないが、東京のど真ん中でも、夏の夜の銭湯帰りはきっとひんやりとした風に吹かれて歩く気持ちよさを味わえただろう。
部屋の中で人工的に冷却された空気の中にいては感じられない、贅沢な快適。


090522001.jpg
大塚
  1. 2009/05/22(金) 23:14:34|
  2. Leica IIIf Elmar 5cm 2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見慣れた道のように

日々は小さな変化の上に成り立っている。
見慣れた道のように、その変化は意識していても気づかないことが多い。
しかし振り返ってみると一日として同じ日はない。

09052201.jpg

09052202.jpg
大塚
  1. 2009/05/21(木) 23:59:07|
  2. Zeiss Ikon Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陽のあたる道

09052001.jpg
  1. 2009/05/20(水) 22:21:26|
  2. Leica IIIf Elmar 5cm 2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おーい雲よ

雲がぽっかり浮かんだ日は、どこまでも歩いていきたくなる。
刻々と変わる雲の形と次第に変わる街の景色とを、思う存分楽しむためだ。

これから夏にかけて、クリアな青空に浮かぶ雲は少しずつ見られなくなる。
もくもくと浮かび上がる入道雲も昔に比べると減った気がする。
もしかすると大阪に住んでいた頃と東京の空との違いなのかもしれないが。

空の違いを意識するようになってから、東京で見るクリアな青空が好きになった。
この日の空は今シーズン最後のクリアな青空だったのかもしれない。
また上着が手放せなくなる頃に会いましょう。


09051901.jpg

09051902.jpg

09051903.jpg

09051904.jpg

09051905.jpg

大塚、池袋、701
  1. 2009/05/19(火) 22:56:24|
  2. CONTAX i4R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕陽を探して(4)

09051801.jpg
代官山
  1. 2009/05/18(月) 21:37:26|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F Planar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕陽を探して(3)

09051701.jpg
  1. 2009/05/17(日) 22:42:04|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F Planar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕陽を探して(2)

09051601.jpg
代官山
  1. 2009/05/16(土) 21:27:47|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F Planar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕陽を探して

空が少しずつ色づいてくる。
街に溢れる光に暖色が混じり始める。
夕陽の時間になると、懐かしいような切ないような、それでいて暖かい感覚を覚えることがある。

夕陽そのものが見えなくても十分に夕暮れを感じることはできる。
山あいに育ったせいで、沈む夕陽を直接見るよりも空の色や明るさで夕暮れを感じることの方が、僕にとっては自然なことだ。

街を歩いていると夕陽は見られないことも多いけれど、それ故に幼い頃の感覚に近いものを感じているのかもしれない。

09051501.jpg
御茶ノ水
  1. 2009/05/15(金) 21:08:54|
  2. CONTAX T3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バックミラー

09051401.jpg

青山
  1. 2009/05/14(木) 23:48:43|
  2. CONTAX T3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コインランドリーの懐かしさ

幼い頃から銭湯をよく利用していたわけではない。
だから銭湯の横にあるコインランドリーになじみがあるわけではない。
なのになぜか懐かしさを感じる。

風呂に入るという行為や洗濯するという行為がプライベートな色合いを強く持つこともあり、コインランドリーに置かれたものからは適度な生活感がにじみ出ている。
新しく作られた街からはこういう空間が少しずつ排除されていく傾向にあるため、よりいっそう懐かしいと感じる特徴を際立たせているのかもしれない。
コインランドリーに限らず、街の中でよく似た空気を感じる空間を見つけると、僕は思わずシャッターを切ってしまう。


09051301.jpg

09051302.jpg

09051303.jpg
大塚
  1. 2009/05/13(水) 23:55:17|
  2. Zeiss Ikon Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の色(2)

09051201.jpg

09051202.jpg
  1. 2009/05/12(火) 22:57:33|
  2. Zeiss Ikon Planar 50mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の色

09051101.jpg
  1. 2009/05/11(月) 23:01:32|
  2. Zeiss Ikon M-ROKKOR 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこまでも

09051001.jpg
池袋
  1. 2009/05/10(日) 22:20:28|
  2. Leica IIIf Elmar 5cm 2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロックンロールの神様に捧ぐ

09050901.jpg

青山葬儀所にて「青山ロックンロールショー」に参列。

世代で言うとRCサクセションが最も活動を活発にしていた時期とはずれているため、本当に初期の初期からのファンにはかなわないけれど、やはり僕自身も影響を受けているので、ショックは大きい。
堺の路上で歌っていた頃、商店街の人通りが少なくなると、何箇所かで歌っていた歌仲間が集まることがあった。
「雨上がりの夜空に」は誰もが歌え、誰もが演奏できる曲で、初めて会ったミュージシャン同士が一瞬で通じ合える共通言語でもあった。
今はすっかり有名になったコブクロの小渕君と一緒に歌って、警察を呼ばれたこともあった。
遠い昔のことのようだけれど、昨日のことのようでもある。

09050902.jpg

訃報を聞いてから、せっかくだからと古いCDを聞いてみたのだけれど、数曲聴いているうちにだんだんと寂しくなってきてやめてしまった。
心のどこかでまだ受け入れたくないという思いが強いようだ。

09050903.jpg

東京にいるのだから行かないと後で後悔すると思った。
たくさんの人が集まり、遺影が掲げられた場所に身を投じることにより初めて、もういなくなったことを受け入れられるような気がした。
清志郎さんの遺志に合わせて明るい感じの葬儀になると聞いていた。
だからそんなに重くならずに参加できるだろうと思っていた。

09050904.jpg

会場に入るとライブ音源が流されていて、「青山ロックンロールショーへようこそ!」なんてアナウンスも流れている。
まったくもって告別式やお葬式のような感じがしない。

ところが、遺作となったOh!RADIOや代表曲トランジスタラジオ、スローバラードなんかが流れてくると、周りに涙をこらえきれない人がたくさんになった。
思わず絶句して、涙をこらえるのに必死になる。
全然「明るい感じ」じゃないじゃないか、、、。
そりゃそうだよな、みんなそれぞれに大切な思い出や感謝の気持ちがたくさん詰まってるんだもんな、、、。

09050905.jpg

献花台の前では一輪ずつ花が配られ、それぞれが思い思いの言葉を投げかけている。
主を失った愛用の品々が、静かにその言葉を聞いている。
少しずつ失ったものの大きさが現実のものとして重みを持ち始める。

09050906.jpg


09050907.jpg

僕らは明日からまた普通の生活を送ることになるのだけれど、今はまだその歌声を冷静に聴くことはできなさそうだ。
  1. 2009/05/09(土) 22:02:22|
  2. OLYMPUS E-420 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元楽器店

09050801.jpg
大塚
  1. 2009/05/08(金) 23:59:24|
  2. Leica IIIf Elmar 5cm 2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木漏れ日

冬の光はクリアで、青空はとても青く澄んで見える。
しかしひとたび木漏れ日に注げば、その光はとてもやさしく、やわらかい。
春が来て梢に緑が生い茂れば、この光は少しずつクリアなものから暗い影へと変化する。
木漏れ日で季節を感じることができるようになったのも、写真を撮るようになってからのことだ。
写真を撮ることは世界を見つめるということなのだと思う。

09050701.jpg
大塚
  1. 2009/05/07(木) 22:58:57|
  2. Leica IIIf Elmar 5cm 2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

整然と

09050401_20090506203510.jpg
大塚
  1. 2009/05/06(水) 20:37:13|
  2. Leica IIIf Elmar 5cm 2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軒先のスポットライト

09050501.jpg
大塚
  1. 2009/05/05(火) 23:35:51|
  2. Leica IIIf Elmar 5cm 2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AATと久々の江戸川橋散歩

大塚から池袋に歩き、そこから地下鉄で東京へ。
丸の内エリアでは今音楽祭をやっていて、いくつかあるビルを回れば、いつでもクラシックなどのライブを聞くことができる。
そして、昨年も行ったAAT(ART AWARD TOKYO MARUNOUCHI 2009)を見てきた。
昨年の方がバラエティに富んでいた気もするが、今年もたくさんの作品を一気に見ることができ、大満足。
選抜された卒業制作とのことだけれど、とても丁寧に作りこまれた作品が多く、これが学生の作品か?と思えるものばかり。
そして若さが持つ特権を十分に活かした、自由な発想の作品も多い。
しかし結局惹かれるのは、時間を掛けてつくりこまれた、オーソドックスな作品だったりする。
それは、説明を聞かずして理解できる言語を自分が持ち合わせているからなのだろう。

その後有楽町まで歩き、そこから有楽町線で江戸川橋まで。
江戸川橋から新大塚までを随分遠回りしながら歩いた。
この辺りも以前毎週のように歩いていたのだけれど、最近少し足が遠のいていた。
久しぶりに訪れた街では例外なく、新しい家が建ち、マンションの建築計画の看板が掲げられている場所を目にする。
自分の記憶との相違点だから鮮明に浮かび上がるのか、時間が蓄積された風景があっさりとなくなってしまうことに対する過剰な反応なのか、実際にかなりの数の建て替えが行なわれているのか、そのどれが正しいのかはわからない。
それでもなお歩き続けていると、きっとその変化をも愛しく思える日が来るのだろう。
今はただそう信じて歩き続けるだけだ。


09050401.jpg
江戸川橋
  1. 2009/05/04(月) 23:37:17|
  2. CONTAX i4R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

窓の向こう

09050301.jpg
  1. 2009/05/03(日) 22:37:49|
  2. Ricoh GR1v
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清志郎

忌野清志郎氏が亡くなった。
大阪の小さなライブハウスで手が届きそうな距離で見たのは数年前のことだ。
CDで聞いていた時にはわからなかったオーラが溢れていて、身震いするほどかっこよかった。
こういう人がいるなら安心だ、となんとなく思える数少ない人だった。
そして何歳になっても死なない人のような気もしていた。
だからかなりショックなのだけれど、こればっかりはしかたがない。
たくさんの大切な言葉とメロディーを残してくれたことに、ただただ感謝。
ご冥福をお祈りします。

09050201.jpg 

  1. 2009/05/02(土) 23:59:39|
  2. CONTAX T3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する東京在住の大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。