日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モノクロの魅力

三ノ輪散歩中に発見した「モノクロ的被写体」。
こういう写真が撮れるようになったのが、今年の大きな収穫。
ということで、今年最後のエントリーはモノクロで。
img059.jpg



三ノ輪


撮った写真は現像から上がってきたら確認してファイリング。
その後その写真を見る機会はめったにない、という写真生活を長年続けてきたのですが、それなりにストックがたまってきて、もったいないなぁ、という感覚から始めたのがこのブログです。

結局見に来てくれる人が増え、コメントを頂き始めると、過去の写真ばかりをアップするわけにもいかず、撮ってはアップ、というサイクルがすっかり定着してしまいました。
それにより自分の写真を見る機会が増え、客観的に評価することも多くなり、まさに写真漬けの生活になりました。

こうした充実した写真生活が送れているのは、いつもコメントをいただく方や、見に来てくださっている皆様のおかげです。
来年もたくさん撮ってたくさんアップしますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト
  1. 2006/12/31(日) 12:07:04|
  2. CONTAX T2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

原風景

山の中の田舎だけれど、歴史は古い村。
東京の下町路地に感じる懐かしさは、こういう原風景から生まれてくるのだろうか。



KICX4200.jpg

KICX4199.jpg

CONTAX i4R

  1. 2006/12/30(土) 23:59:24|
  2. 原風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

寒空散歩

山が近い。
が近い。
山の中で育った、といっても過言ではない近さ。
山が近すぎて、小さい頃に夕焼けを見た記憶があまりない。
が赤く染まる前に太陽が山の向こうに沈んでしまうのだ。


KICX4182.jpg

KICX4183.jpg

KICX4188.jpg

KICX4195.jpg

KICX4196.jpg
CONTAX i4R


今朝は早朝から雪が舞い、相当冷え込んでいました。
雲間から見え隠れする青に誘われて、近所を散歩しながら撮影。
しかし、あまりの寒さに指先の感覚はなくなり、かき氷を一気に食べたときのような頭痛が、、、
まさに苦行のような状態で、30分ぐらいで帰ってきました。

最後の1枚に写っている手前の家が実家で、右端の大きな木は僕が中学生の頃に植えたクルミの木。
何年も実がならず、父親が「そろそろ切ろうか」と言ったその年に1粒の実がなりました。
以降毎年たくさんの実をつけています。
きっと聞こえたんだろうと今でも思っています。

  1. 2006/12/29(金) 22:25:09|
  2. 原風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

車窓からの空(2)

新大阪に着いて、在来線に乗り換えてからの
との距離が近づいた。



KICX4158.jpg

KICX4160.jpg

KICX4163.jpg

KICX4165.jpg

KICX4172.jpg

KICX4175.jpg

  1. 2006/12/29(金) 11:12:05|
  2. CONTAX i4R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車窓からの空(1)

新幹線からの空は、なぜかいつも好きな空。
ガラス越しじゃなかったらなぁ、という思いと、これだけたくさんの空を一度に見られるのだから贅沢な話だ、という思いが交錯する。
座っているだけで移り変わる風景と空を眺めながら、本を読んだりうとうとしたり、、、、まさに旅の楽しみ。



KICX4119.jpg

KICX4127.jpg

KICX4140.jpg

KICX4144.jpg

KICX4145.jpg

大阪に帰ってきました。

  1. 2006/12/28(木) 21:30:31|
  2. CONTAX i4R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

嵐の夜の翌朝は

嵐の夜の翌朝は、抜けるようなが来る。
風がすべて吹き飛ばし、雨がすべてを洗い流す。

今朝の雲、青は、この冬一番だったかもしれない。

朝起きて「圧倒的な」という言葉が似合う雲を何枚か撮る。
食事して「情緒的な」という言葉が似合うを何枚か撮る。
家を出て「眩しい青」という言葉が似合うを何枚か撮る。

午前中早い時間の雲の密度が高いのは、嵐の夜が過ぎるのを片寄せ合って耐えていたからだろうか。
などとセンチメンタルな想像をしつつ、通勤電車の窓から流れ込むキラキラの光に幸せを感じた。


(写真は先日撮ったものです。今日の写真はまた別の機会に。)



sorawokiru2.jpg

sorawokiru3.jpg

sorawokiru4.jpg

大塚・江古田




  1. 2006/12/27(水) 23:59:26|
  2. Ricoh GR1v
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宝探し

細い路地を歩く楽しさは、先が見えないところにあるのかもしれない。
このまま行くと行き止まりなのか、さらに細い道が続いていて抜けられるのか、、、
どきどきしながら歩く感覚は、小さい頃の探検ごっこのどきどきと同じだ。
何かを発見した時の喜びは、小さい頃の宝探しの喜びと同じだ。

この日の宝物は、細い路地を抜けた小さな広場にひっそりと咲いていたアロエと、それを照らし出す冬のだった。



新宿
  1. 2006/12/27(水) 00:50:09|
  2. Zeiss Ikon Biogon 35mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

One of them より Only one

前の会社に入社した時から世話になった先輩と、東京駅で短い忘年会。

その先輩とは入社以来何かと気が合い、ちょくちょく二人で飲みに行っていた。
僕が会社を辞め、東京に来たことによって、会社も違うし住んでいるところも随分遠くなった。
が、先輩は東京に出張があると声をかけてくれて、東京駅での短い時間の(先輩はその日のうちに帰るので)飲みに誘ってくれる。

実は今日は今の会社の全社的な忘年会パーティがあって、不参加を告げると残念がってくれる人もいたのだが、One of them より断然Only oneなのだ。
もともと少人数でしっかりと話をしながら飲むことの方が好き、というのもあるが、何より待っていてくれる気持ちの大きさが違う。

今日も近況報告や会社の話から始まって、最後は都市論にいたるまで、短い時間ながら密度の濃い話ができた。
お酒が入っているにもかかわらず論点のぶれない話ができることが、何より楽しい。
その先輩が1月から東京に来る。
また一つ楽しみが増えた。



雑司ヶ谷
  1. 2006/12/26(火) 21:52:38|
  2. CONTAX T2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花の写真

青空、モノクロームの空、、、、そして今日は花の写真を。



神楽坂



自分へのクリスマスプレゼントは、アラーキーのサイン、カメラとレンズ、そのカメラとレンズで撮った写真。
アラーキーのサインは一昨日のエントリーで紹介した「空景・近景」。
カメラとレンズはZeiss Ikon+Biogon 35mm ZM。
写真は23日、24日にを歩いて撮ったもの。

うまく撮れているかどうかは現像が上がってこないとわからないが、この二日間で見た青空、冬の、出逢った人、その全てが宝物になる。
幼い頃のようなわくわくはないけれど、こんなのも悪くないな。
  1. 2006/12/25(月) 22:44:23|
  2. Zeiss Ikon Biogon 35mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空の写真(モノクローム)

昨日に引き続き今日もの写真のプレゼント。

深く濃い青の写真も好きですが、着色の余地を残したモノクロームのも好きです。
モノクロームのの方が、何年も何年も飾っておく写真としては楽しめるかもしれない、なんてことを考えたりします。

抜けるようなクリアな青、沈むような深い青、さわやかで透明感のある青、、、、、、
一番好きな色に塗って楽しんでください。



T2monosora22.jpg

T2monosora23.jpg

T2monosora24.jpg

T2monosora25.jpg

T2monosora26.jpg

T2monosora27.jpg

T2monosora28.jpg

T2monosora29.jpg

701


  1. 2006/12/24(日) 21:46:52|
  2. CONTAX T2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

空の写真

をプレゼントすることはできないが、の写真ならプレゼントできる。

だから今日はたくさんの写真をアップします。



aoyamanosora2.jpg

aoyamanosora4.jpg

aoyamanosora3.jpg

aoyamanosora5.jpg

aoyamanosora6.jpg

aoyamanosora7.jpg

青山

  1. 2006/12/23(土) 21:33:28|
  2. Zeiss Ikon Biogon 35mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

西の空からの日の出

早朝、なんだか窓の外が明るくて目が覚めた。
普段入ってこない角度で光が入っていている。
まるでライトを当てられているような感覚。
なんだろう?と思い起きて窓を開ける。
日の出直後の透明感のある光がサンシャインを照らし、その光が反射していた。
西のからの日の出。

寝ぼけた頭でカメラをつかみ、眩しいをパチリパチリ。
新しい一日の始まり。



berandasora2.jpg

701


以前あった大正湯の煙突は、今はもうきれいさっぱりなくなった。


  1. 2006/12/23(土) 21:03:10|
  2. Ricoh GR1v
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

宝物写真集「空景・近景」

荒木本!―1970-2005刊行記念の対談に参加。
スライドで厳選20冊を写しながら、飯沢耕太郎さんと荒木さんが解説をする、という贅沢な内容。
思いのほか深い話が聞けた。

終了後のサイン会に、持っている写真集の中で最も好きな空景・近景を持参。
この写真集、陽子さんが亡くなって空ばかり撮っていた時期の写真集で、名作中の名作。
二分冊のうち一冊「空景」は、バルコニーからの空に着色された写真集、もう一冊「近景」は、バルコニーで錆びていくテーブルや枯れゆく花たちを撮った写真集。
特に「近景」は、普段封印しているアラーキーの天才ぶりが前面に出ていて、一枚一枚が芸術作品でありながら全体を通して切ない物語が流れているような、ほんとに超名作。

サイン会でこの本を差し出すと、「おー!」とアラーキー。
二冊の両方にサインをお願いすると、普段は雑談をしながら似顔絵をさらさらと書くアラーキーが、集中して無言に。
まるで書道家のような筆さばきで、「空景」に”荒木”、「近景」に”経惟”と力強く書いてくれた。



持っているだけでも幸せなのに、気合の入ったサインまでいただいて、ほんとに大切な大切な宝物になった。
  1. 2006/12/23(土) 20:14:12|
  2. CONTAX i4R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のんびりいきましょう

まあのんびりいきましょう、そう言われているような気がした。

怒ったり、泣いたり、喜んだり、笑ったり、いろんなことがあって毎日が過ぎていく。
そういうこと全部をひっくるめて、生きることが幸せなことだと思いたい。

泰然自若としたを見ていると、小さな出来事に感情を振り回される自分なんかよりも、もっともっと大きく尊い存在だと思ってしまう。



青山
  1. 2006/12/22(金) 22:46:28|
  2. Zeiss Ikon Biogon 35mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

曇天モノクロ

ほぼ丸一日写真散歩と決めた日。
この日は午前中まずまずの天気。
冬の色を写そうと、カラーポジをカメラに詰めた。

随分歩いて、午後になり、雲行きが怪しくなってきた。
基本的にその日一日カラーで行くと決めれば、ずっとカラーで撮ることにしているのだが、この日は迷った挙句途中でモノクロに変更。
カメラもサブで持っていっていたT2に変えた。
このところT2のゾナーのモノクロ描写に惚れ込んでしまっている。

カラーで撮るのとモノクロで撮るのでは、の見方が全然違う。
長年カラーで撮っているので、無意識が反応するのはカラーで絵になる場面だ。
だからモノクロの日と決めた日は、ずっとモノクロの目で見ることを意識するようにしている。
モノクロで撮る日はの中に魅力的なトーンを探す目になる。
全ての色情報を破棄して、グレートーンに置き換えた時に美しいかどうか、という変換の想像力が試される。

モノクロで撮りたくなるのは、曇天の日が多い。
光がやわらかく、美しいグラデーションに変換される光が多いことがその要因だが、実はカラーでは撮りたいと思える場面に出逢える確率が低い、という後ろ向きな要因もある。


そんなことをいろいろ考えながら機材やフィルムの選択をするのは、とても楽しいことだな。



目白台


 

  1. 2006/12/21(木) 23:59:49|
  2. CONTAX T2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自転車のある風景

歩いていて自転車があると、何故か撮ってしまう。
田舎育ちで、小学校5年生から自転車通学だったことも影響しているのか。

高校に入り原付に乗るようになっても、自転車にも乗っていた。
大学に入り、車にも乗って、バイクにも乗った。
社会人になってからのメインの移動手段はバイクだったが、結局自転車に戻った。

道具としての形や、動くための動力に燃料を必要としないところなどが、生理的に一番合うのかもしれない。



jitensyanoaruroji.jpg

jitensyatoneko.jpg

大塚、池袋
  1. 2006/12/20(水) 22:49:11|
  2. CONTAX T2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新江戸川公園

先日の散歩中、ふと日本庭園を見つけた。
新江戸川公園(http://www.city.bunkyo.lg.jp/sinedogawa.html)だった。

名前は何度か地図で見ていたが、想像していたのは芝生広場があるような、新しいイメージの公園。
ところが実際には、江戸時代頃に出来た日本庭園。
敷地も広く、立派な庭園なのに名前のせいか人が少ない。
紅葉を楽しめ、大きな池もあり、しかも驚いたことに入園無料。
思わぬ穴場スポットを発見した気分だ。



shinedogawakouen2.jpg

shinedogawakouen3.jpg

新江戸川公園
  1. 2006/12/20(水) 21:46:13|
  2. Zeiss Ikon Biogon 35mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

秋の名残

空はもう冬なのに、には秋の名残。
枯れ行く直前の色が一番美しいなんて、切ないな。



akifukamaru3.jpg

akifukamaru1.jpg

吹上稲荷神社


  1. 2006/12/20(水) 00:06:17|
  2. Zeiss Ikon Biogon 35mm ZM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

空への階段

上は気持ちよさそうだなぁ。



両国
  1. 2006/12/19(火) 22:24:01|
  2. Leica IIIf Elmar 5cm 3.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花一輪

この家を訪れた人のために咲いているかのような
僕はそれを写真に撮って、このブログを見に来てくれている人のためにも咲いてもらおうと思った。

初めての人のために、そしていつも見てくれている人のために。



大塚
  1. 2006/12/18(月) 21:29:51|
  2. CONTAX RXII Distagon 35mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

空に近い

今住んでいるマンションは7階建て。
その7階に住んでいるので、頭上のを思う存分楽しめる。

生まれ育ったのは平屋。
大学3回生から住んだのは2階の部屋。
以前の会社に勤めていた時に住んでいた部屋も2階。
なので今が人生で一番に近いところで生活していることになる。

とはいってもたかだか地面から20数メートルほどの高さでしかない。
チベットのはもっと近く、青いんだろうなぁ、などと思いつつ、障害物だらけの都会のも悪くはないな、と思う。



soranichikai2.jpg

soranichikai3.jpg

soranichikai4.jpg

701
  1. 2006/12/18(月) 00:11:54|
  2. Ricoh GR1v
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LOVE by Leica

南青山RAT HOLE GALLERYにて行われているアラーキーの写真展(http://www.ratholegallery.com/exhibition.html)へ。

今日はボリス・ミハイロフ氏とアラーキーの対談。
このところアラーキーの対談ばかり顔を出している。
もともとアラーキーが好きなのだが、実際に会って声を聞いて動きを見ていると、それだけで元気になれる。
話も面白く、サイン会での会話や振る舞いを見ているだけで、愛にあふれた人であることが伝わってくる。
だから機会があれば直接会いに行きたくなるのだ。

そんなアラーキーがライカで撮った写真で構成された写真集が発売されるとのことで、早速購入。
今回の展覧会に合わせてRAT HOLE GALLERYが企画し、作成したもののため、amazonでも売っていない様子。
内容はベッドに横たわる女性のヌード、モノクロ
アラーキー独特の生々しいエロさが前面に出ておらず、愛情にあふれる光に映し出された美しいヌードになっているのは、ライカというカメラの持つ特性からか。

アラーキーの使っているライカはM6、M7らしく、名前入りのものをもらったのだとか。
「シャッター音が皮下組織にまで伝わる」
「日常の中にこそ愛があり、ライカはそういう愛を撮れるカメラだ」
との本人の名言について司会者に尋ねられ、
「もらったからサービスしとかなきゃね」
などと照れ隠し。
しかし写真集「LOVE by Leica」にはそういう愛がしっかりと写し込まれているように思う。

leicaroji1.jpg

leicaroji2.jpg

護国寺
  1. 2006/12/17(日) 22:57:26|
  2. Leica IIIf Elmar 5cm 3.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

母は強し

小さい頃、よく母の乗る自転車の後ろに乗って買い物に連れて行ってもらった。
その時の視界を何故か今も覚えている。

で見かけた自転車には、母の強さの崇高さを物語るかのようにが差していた。


江古田
  1. 2006/12/17(日) 10:44:09|
  2. Nikon FM3A 45mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

充実した一日

今日は神楽坂から江戸川橋、目白台、護国寺、大塚を通り、池袋までの散歩コース。
下町散策フルコース。
その後渋谷にて、大学の研究室の先生を囲む会。
先生の言葉に見の引き締まる思い。

いろんなことがぎゅっと詰まった一日だった。
こういう日のことを「充実した一日」というのだろうな。



江古田
  1. 2006/12/16(土) 23:59:32|
  2. Ricoh GR1v
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

冬の輝き

黄金色の輝きと、影の向こうの宇宙に惹かれる。


fuyuhikarikage2.jpg

fuyuhikarikage3.jpg

江戸川橋
  1. 2006/12/16(土) 00:46:34|
  2. Nikon FM3A 45mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

見守り続けて

このも、人も、ずっと見守り続けてきた。
いろんなことがあったけど、空の青さは変わらない。


東池袋
  1. 2006/12/15(金) 21:09:42|
  2. CONTAX G2 Biogon 21mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物語

ある日の午後の散歩道。
同じフィルムに写っていたものたちで物語を想像してみる。
いろんな物語が想像できるが、すべてやさしい物語だった。
それは冬の陽射しのせいなのか、のせいなのか。



tyusintenkei2.jpg

tyusintenkei3.jpg

目白台
  1. 2006/12/14(木) 23:44:24|
  2. Nikon FM3A 45mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

植物の力

力強い形。


美しいパターン。
syokubutunotikara2.jpg

圧倒的な存在感。
syokubutunotikara3.jpg

東池袋



  1. 2006/12/13(水) 21:55:55|
  2. CONTAX T2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

黒猫に好かれる2

1つ前のエントリーとは別の日。
目が合うと近づいてきてくれた。



江古田
  1. 2006/12/12(火) 21:40:37|
  2. Nikon FM3A 45mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

黒猫に好かれる

このところを見かけることが多いのだが、何故か黒は近づいてきてくれる。



寄ってきたと思ったら知らん顔。
kuroneko2.jpg

そしてリラックス。
kuroneko3.jpg

どこに行くんだ?
kuroneko4.jpg

また落ち着いた。
kuroneko5.jpg

大塚
  1. 2006/12/12(火) 21:27:32|
  2. Nikon FM3A 45mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する東京在住の大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。