日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

淡々と流れる

帰り道、ふと見上げると月が眩しい。
気温が低いせいだろう。
心地よい季節はあっという間に過ぎ去っていく。
陽射しの恋しい季節は、もう目の前だ。

去年の今頃どんな写真を撮っていたのか、ふと気になって調べてみた。
ちょうど大正湯が取り壊された直後で、毎日のように瓦礫の山を撮っていた時期だ。

1年経って、跡地の駐車場にも見慣れてきた。
そこにみんなが集う憩いの空間があったことを、どれだけの人が覚えているのだろうか?
ふと不安に思うことがある。

ここ数ヶ月で、周囲の古い家の建て替えが急激に進んでいるように思う。
戦前から残る路地が点在するこの街も、10年後の姿は激変しているかもしれない。

写真はその時の記憶を鮮明に浮かび上がらせるが、現実の世界は淡々と流れていく。
寂しい気もするが、それはきっといいことなのだろう。
今はそう信じたい気分だ。

07102402.jpg

07102401_20071024212708.jpg
大塚・大正湯跡地
  1. 2007/10/24(水) 21:33:31|
  2. Nikon F4 28mm-85mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大正湯(7)

大正湯の解体が始まった日から、明日でちょうど1ヶ月。
大正湯があった場所には、今はもう何もない。

むき出しになった土を見ながら、大正湯ができる前にここに何があったのかを想ってみる。
その昔建っていた建物も、大正湯が出来る時に取り壊されたはずである。
都市というのは案外クールにこうして輪廻を繰り返しているのかもしれない。

そんなことを思いながらも、ベランダからの風景に煙突がなくなり、夕暮れのに何かが足りない、という感覚がまだ抜けない。
帰宅の時に無意識に煙突を探し、「あそこに帰るのだな」という感覚を持っていたことに、煙突がなくなってから気づいた。

たった1年半住んだ人間に対して、これほどシンボルとして機能していたのだから、長年見続けてきた人たちの感慨は相当のものだったのではないだろうか。


あの日僕は、解体されていく建物の中に朝のやわらかい光が差し込むのを、ただただ純粋に美しいと思ってシャッターを切っていた。



皮肉にも、あの日のはとても青かった。

taisyoyunosora.jpg


大正湯が取り壊された時の記録をまだ読まれていない方は、こちらをどうぞ。
(一番下から順番に読んでください。)
1ページ目
http://swing75.blog54.fc2.com/?tag=%C2%E7%C0%B5%C5%F2&page=1
2ページ目
http://swing75.blog54.fc2.com/?tag=%C2%E7%C0%B5%C5%F2
  1. 2006/11/06(月) 21:39:52|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F Planar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

当たり前だと思っていると

2005年3月26日
この部屋に住むことを決めた日。
部屋の下見に来て、ベランダに出た時に、目の前に広がっていた光景。
それまで持っていた東京のイメージが一変した瞬間。



taisyoyu_i4R_2.jpg

今日この煙突の周りに足場が組まれた。

当たり前だと思っていることも、永遠には続かない。
だから今目の前にある大切なものを、もっと大切にしよう。

毎日少しずつ形を失っていく大正湯の姿を、記憶とフィルムに定着させながら、そんなことをぼんやり考えています。

  1. 2006/10/16(月) 22:09:20|
  2. CONTAX i4R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れ煙突




701


連日大正湯の話題だったので、空の写真を。
ただ、ここにある煙突はまもなくなくなるんですよね、、、。

  1. 2006/10/15(日) 23:19:02|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F Planar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社交場

取り壊し開始から1週間が過ぎ、昨日までに建物がなくなった。
現在は遺跡のような敷地に巨大な煙突だけが立っている、という状況。

朝から遺跡の写真を撮っていると、親子連れがやってきた。
40代前後の父親と、小学校低学年ぐらいの女の子。
話を聞くと、その男性が小さい頃に通っていた銭湯と大正湯で使っているものが、全く同じだったのだという。
蛇口や洗面器や、脱衣籠や、、、、おそらく空間の雰囲気も含めての話だろう。

大正湯のお湯はとても熱かった。
男性は、その熱さが気に入って、家族でたまに来ていたそうだ。
都内でもそれほど熱いお湯がなかなかないらしく、遠くからわざわざ入りに来る人もいたそうだ。
それほど頻繁に利用していたわけではないが、近くに住んでいることもあり、やはりなくなるのは寂しいと言っていた。


しばらくすると、60代ぐらいの男性がやってきた。
生まれも育ちもすぐ近くで、大正湯の経営をされていた方の弟さん(近くでお豆腐やさんをしている)とも仲がよいのだそうだ。
小さい頃から大正湯を利用していて、さすがに感慨深いものがあるとのことで、記念に写真を撮ってほしいと言われた。
煙突と空をバックに2枚、ヒビだらけになってしまった風呂の前で2枚を撮った。

昔は銭湯は社交場そのもので、家に風呂ができてからも情報交換のために銭湯に通う人も少なくなかったそうだ。
「銭湯は日本の文化だからねぇ。」
との言葉に社交場としての意味が深くこめられているとすれば、建物がなくなることの寂しさだけでは語れない感慨が含まれているのではないだろうか。


ただ、建物がなくなってからも、その場に立っているだけで人が集まってくる、というのはまだ社交場としての磁力があるからなのかもしれない。

次に建てられる建物も、同じように磁力を持った”場”を作り出してくれることを祈らずにはいられない。


  1. 2006/10/15(日) 11:27:13|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F Planar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する東京在住の大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング