日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

喜多村みか写真展「meta」を見に。

喜多村みか写真展「meta」を見に。

喜多村さんの写真は写真新世紀展で見て以来ずっと気になっていて、東京にいた頃の個展、京都で行われた個展等機会があれば必ず行くようにしている。
写真集も出て少しずつ写真家としての喜多村さんが見えてきたように思うが、まだまだ若い写真家なのでこれからどういう風になっていくのだろう、と期待半分不安半分で見ているようなところがある。

今回の写真展は少なくとも現時点でそんな不安は完全に払拭されるような内容で、しっかりと芯の部分が繋がっているように感じた。
ステートメントを読んで何故かここ最近の渡部さとるさんの写真展や奥山敦志さんの弁造さんの写真なんかを思い出し、シンクロ。
時代なのかたまたまなのか、自分の感性にヒットする流れがつながってきたような感覚。

ポートレートだけで構成された写真展は、どこか懐かしく、どこか突き放されたような不思議な感覚をもつ写真ばかりで妙に居心地が悪い。
居心地が悪い、というのは非常に良い意味で使っている言葉で、ポートレートで心地良い写真展なんてたんなるポスター写真になってしまいそうなので、その逆、という意味。

喜多村さんの距離感や被写体との接し方なのか、表情が素であったり不機嫌そうであったり、なかなかこういう写真は撮れるもんじゃないな、と思える写真ばかり。
それらポートレートに写る人たちを見ていると、撮っている側の喜多村さんが見えてくるような気がした。
というのも写真新世紀展で見たTwo sights pastで被写体として写っている喜多村さん自身の表情に近いものを感じた〜だ。
そしてその当時から実は大きく写真や被写体に向きあう姿勢が変わっていないのだろうな、ということがよくわかった。

これは写真家として非常に重要なことで、鬼海さんと以前お話した際に「川の流れのようにつながっていなくてはならない」と再三言われていたことを思い出す。

欲を言えばもう少し枚数が観たかったなぁ、と思ったが、これからもしばらく続けるシリーズになりそうとのことで、楽しみを先に取っておくこととする。

これからの活躍がますます期待できる展示だった。


スポンサーサイト
  1. 2017/02/04(土) 21:45:37|
  2. Ricoh GR Digital IV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤原新也さんとの贅沢な時間

以前にも書いたと思うが、藤原新也さんとは銀座の永井画廊での個展以来、何かと直接やり取りができるようになっていたが、その後クローズドサイトであるCatlwalkにより、より距離が近い状態になった。

場合によっては相談に乗ってもらえることもあるし、こちらから情報提供することもある。
言葉数が少ない人なので、いつも端的に、的確に回答をもらえることに感動する。

今回仕事で来阪されるとの情報を得て、チャンスがあれば、ということで連絡していたところ、そのチャンスが訪れて突然OFF会となった。
その取り仕切りや店探しを仰せつかり、味には非常に厳しい方だけに緊張しながら行きつけの沖縄料理屋へ。
幸い味に満足していただけたようで、1時間30分ぐらいの短い時間ではあったものの、和やかで楽しい時間を過ごすことができた。
東京でのOFF会だと急きょ開催でもそれなりの人数が集まるようだが、今回は3名。
藤原さんとその助手の方たちを入れてもたった6名での食事。
その人数でしかお話ができないようなことも出てきて、非常に貴重な時間が過ごせた。

後で助手の方から昨日寝ていないと聞かされて唖然。
サービス精神の旺盛な方なので今回の開催に至ったようだが、この後も超過密スケジュールが続くとのこと。
いつまでも元気でいてほしいと強く感じた夜だった。


  1. 2016/04/08(金) 23:24:16|
  2. mobile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々のこと

以前のように毎日ブログを書くという縛りをとっぱらってから、思考を文字に落とす頻度がめっきり減った。
とはいえ考えることそのものは以前にも増して増えている。
このところの出来事を箇条書きにして備忘。

・奥山淳志さんの伊奈信夫賞受賞写真展を2度見に行く。その後奥山さんと飲みに。色々と深い話を聞けて大満足の一日だった。
・藤原新也CAT WALKでリトグラフが当選。過去の作品の蔵出し。まだ手元には届いていない。
・有元伸也さんの個展が奈良で開かれる。(http://arimotoshinya.com/archives/14469)
・風邪の旅人で予約した鬼海弘雄さんの写真集が間もなく完成とのこと。
・記憶についての書籍をまた読み漁っている。10年ほど前に読んだ頃から、脳科学の発展が結構あったのだと実感。
・10年~15年ぐらい前に飽きるほど聞きまくったブルースにまた戻ってきて、とりつかれている。



  1. 2016/02/02(火) 23:33:43|
  2. mobile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の光、名古屋

13123001.jpg
  1. 2013/12/30(月) 22:26:32|
  2. Ricoh GR Digital IV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀座の夜

13110701.jpg
  1. 2013/11/07(木) 23:51:45|
  2. Ricoh GR Digital IV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する東京在住の大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。