日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

奥山淳志写真展「庭とエスキース」を見に

銀座ニコンサロンで奥山淳志写真展「庭とエスキース」を見る。
随分長い間楽しみにしていた展示だ。

前日から東京に行っていたことを知っていた奥山さんから、「恒夫さんと有元さんと飲むのでよければ」というお誘いをもらい、喜び勇んで久々に新宿御苑前に馳せ参じていた。
そして翌日には朝まだ人が少ないうちに展示をゆっくりと見て、夕方にはまた山下恒夫さんとのトークショーに参加。
まさに奥山さんづくしの2日間だった。

展示も写真集と同じく、じっくりと見ていると世界に引き込まれ、最後の1枚で鳥肌が立った。
写真の力であり、奥山さんの力なのだと思う。
何よりプリントの美しさ。
写真展でプリントの美しさのみに言及することの是非はあるが、今回のカラーのプリントは本当に美しい。
弁造さんが作り上げた庭の美しさもあってだが、写真を見ることの喜びを、本当に素直に感じることができた。

トークショーでは山下さんの写真をスライドショーで見た後に、奥山さんのスライド。
山下さんの写真もとても魅力的で、もっともっとお話を聞きたかったが、奥山さんのスライドには本当にやられた。
サプライズがあって、弁造さんのことがよりリアルに感じられる仕掛けが仕組まれていた。
弁造さんという物語が、写真という枠組みを軽く超えて大きなものになっていくような予感を覚える。

トークでは、弁造さんとのこと、写真のこと、色々なことが語られた。
奥山さんの人柄、山下さんの人柄が現れていて、笑いもあり、深い話もあり、とても貴重な時間を過ごせた。

2月にまだ大阪での展示もあるので、そちらも必ず行くつもりだ。

R0024828.jpg 





  1. 2018/01/27(土) 22:43:14|
  2. Ricoh GR Digital IV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

渡部さとる写真展「2Bとマンデリン そして僕はこの町を離れる」を見に

ギャラリー冬青にて、渡部さとる写真展「2Bとマンデリン そして僕はこの町を離れる」を見る。

昨年も年始の展示に伺ったが、土曜日で渡部さんは不在。
今年は在廊されているところに伺うことができた。

2Bの入っているスタービルの取り壊しに伴い、この2月~3月には2Bがなくなってしまう。
このところ渡部さんがしきりに発言されているノスタルジーというやつが、直接体現されてしまうことになる。
2Bに通っていたのはまだ東京に住んでいたころなので、2005年~2007年の間のどこかだったと思う。
かれこれ10年以上が過ぎ、その間も2Bはずっとあり、渡部さんが卒業時のメッセージでいつも伝えてくれる「いつでも2Bは開いています」という場所だった。
実際卒業後も何度も何度も訪れて、写真やカメラの話をたくさんした。
渡部さん自身も2Bには必ずいらして、写真やカメラの話以外の話を含めて、たくさんの話をした。
おそらく2Bに通っていた人はみんなそれぞれに同じような思い出を持っているのだと思う。

今日は冬青でノスタルジー、懐かしさと美しさ、モノクロの写真でできること、クリエイティブ、プリントの販売価格、、、、色々な話をした。
この数年で渡部さんとお話する内容も、少し深い話が増えたように感じる。

展示自体は脈絡もなくバラバラに、というふれこみであったが、懐かしい写真もあり、見た風景もあり、思いのほかまとまっていた。
見たことのある場所の写真も、見たことのない場所の写真も、どちらも懐かしさや美しさを感じるというのは、渡部さんが狙った通りなのかもしれない。

帰り際、2Bはなくなってしまうものの、渡部さんと二人でお話をしていると、どこにいても2Bのようだな、と感じた。
結局場所は人が作るものなんだと実感。

 






  1. 2018/01/05(金) 23:39:00|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F Planar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

藤原新也写真展「沖ノ島」

藤原新也の写真展「沖ノ島」を見に。

トークショーの整理券は開店と同時に並ばなければ入手できないのではないか、という予想の通り、開店と同時に年配の方たちが必至で8階の整理券配布場所まで走っていく。
杖を突いているおじいさんは弾き飛ばされるような状況で、直前で「ここまでです」と言われる始末。
自分はなんとか確保できたので、本当におじいさんが入れないなら譲ろうと思い、最後まで見守っていたら、ぎりぎり最後の1枚が配布された。
この手のイベントはいつも重たい気分にさせられてしまう。

写真展の内容自体は相当力が入っている印象で、巨大なプリントの前にたたずむと、その場にいる雰囲気を感じられるというか、場の空気に飲み込まれる感覚を覚える。
カメラは当然デジタルではあるものの、あいまいさや揺らぎのようなものが含まれているせいか、写真に湿度を感じる。

沖ノ島が世界遺産に登録されて、藤原新也という写真家ではなく沖ノ島の写真を見に来た人も多いのではないかと思う。
そのせいか人がずっと絶えず、なかなかじっくり見ることができない時間帯もあった。

震災以降藤原さんと個人的に会話をすることも多く、かれこれ6年以上のおつきあいになるのであまり気負わずお話することができるのだが、こういう会場に行くたびに「長年のファンです」という人が緊張の面持ちで藤原さんに話しかけにくるのを見て、自分も6年前はそうだったんだなぁ、と懐かしい気分になる。
今回も会場にいらした藤原さんとしばし歓談。
トークショー終了後も比較的ゆっくりとお話することができ、その際にはこちらの個人的なことも気にかけえくださっていて、そりゃファンや信者も増えるよな、と思った次第。










  1. 2017/07/30(日) 23:04:03|
  2. mobile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

喜多村みか写真展「meta」を見に。

喜多村みか写真展「meta」を見に。

喜多村さんの写真は写真新世紀展で見て以来ずっと気になっていて、東京にいた頃の個展、京都で行われた個展等機会があれば必ず行くようにしている。
写真集も出て少しずつ写真家としての喜多村さんが見えてきたように思うが、まだまだ若い写真家なのでこれからどういう風になっていくのだろう、と期待半分不安半分で見ているようなところがある。

今回の写真展は少なくとも現時点でそんな不安は完全に払拭されるような内容で、しっかりと芯の部分が繋がっているように感じた。
ステートメントを読んで何故かここ最近の渡部さとるさんの写真展や奥山敦志さんの弁造さんの写真なんかを思い出し、シンクロ。
時代なのかたまたまなのか、自分の感性にヒットする流れがつながってきたような感覚。

ポートレートだけで構成された写真展は、どこか懐かしく、どこか突き放されたような不思議な感覚をもつ写真ばかりで妙に居心地が悪い。
居心地が悪い、というのは非常に良い意味で使っている言葉で、ポートレートで心地良い写真展なんてたんなるポスター写真になってしまいそうなので、その逆、という意味。

喜多村さんの距離感や被写体との接し方なのか、表情が素であったり不機嫌そうであったり、なかなかこういう写真は撮れるもんじゃないな、と思える写真ばかり。
それらポートレートに写る人たちを見ていると、撮っている側の喜多村さんが見えてくるような気がした。
というのも写真新世紀展で見たTwo sights pastで被写体として写っている喜多村さん自身の表情に近いものを感じた〜だ。
そしてその当時から実は大きく写真や被写体に向きあう姿勢が変わっていないのだろうな、ということがよくわかった。

これは写真家として非常に重要なことで、鬼海さんと以前お話した際に「川の流れのようにつながっていなくてはならない」と再三言われていたことを思い出す。

欲を言えばもう少し枚数が観たかったなぁ、と思ったが、これからもしばらく続けるシリーズになりそうとのことで、楽しみを先に取っておくこととする。

これからの活躍がますます期待できる展示だった。


  1. 2017/02/04(土) 21:45:37|
  2. Ricoh GR Digital IV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZEN Photo Garallyにて有元伸也写真展「TOKYO CIRCULATION」

ZEN Photo Garallyにて有元伸也写真展「TOKYO CIRCULATION」を見る。

TPPG以外の展示は、先日の入江泰吉記念奈良市写真美術館での展示以来となるが、よく考えてみると2回連続でのTPPG外の展示。
今回は六本木の駅すぐ近くという立地に、有元さんの新宿の写真がどう映るのか?というのがとても楽しみだった。

特に事前に連絡していなかったにもかかわらず、運よく有元さんが在廊されていて、いろいろとお話を伺った。
特に今回同タイトルの写真集が発売され、予約注文で既に手にしていたので、その構成の話や印刷の話等、かなり細部にわたってお話を伺うことができた。

写真集に関して言うと、”待望の”といった感じで待ち望んでいた。
ずいぶん以前からもし作るならしっかりとした作りで、版の大きいものを、という希望をお聞きしていて、自分としてもそうあってほしいと思っていたので、今回の写真集の仕上がりがその通りになって非常にうれしかった。
内容的には前半と後半でariphotoシリーズの前半・後半がそのままに構成されている感じだが、よく見るとレイアウトや写真の大きさ等に違いがあって、非常によく考えられている。
前半静謐でじっくりと流れる時間を楽しみ、後半いつのまにかテンポが上がって気づいたら最後まで見終えている、というような感覚。
ここまでの写真をこれだけの枚数で構成しようとすると、背後にある写真の枚数は相当なもの。
足と手と頭を使い続けて来られた結晶がここにある、といった感じ。

個人的には奥多摩の写真も新宿の写真と相まって有元さんの世界を重層的に表現するものであるので、いずれはそこを含めた壮大な写真集にまとめてほしいとの思いもあるが、現時点では既に新宿の写真だけでも十分におなか一杯。

写真集のことばかり書いてしまったが、もちろん展示も非常に良かった。
前半のシリーズは額にガラスが入っておらず、プリントが生々しく見られるし、後半のシリーズは写真集と同じように怒涛のように様々な人が都市で生きていることを実感させられる。

会期は8月3日まで。
まだ足を運ばれていない方はぜひ。

IMG_20160730_225442_e.jpg
  1. 2016/07/31(日) 22:17:57|
  2. mobile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展  路地 原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング