日々の空

気の向くままに写真を撮り、思いつくまま文章を綴った日々の泡の記録。

鬼海弘雄×有元伸也トークショー「旅とポートレート」

鬼海さんと有元さんのトークショーが梅田で行われるとあっては行かないわけにはいかない。
場所は蔦屋書店。
最近の書店は本を売るだけでなくカフェ等も併設して、どれだけ長い時間滞在させるかに気を遣っているように思う。
有元さんの学生時代の写真も展示されていて、そちらも楽しめた。

内容はいつも鬼海さんが言われていることではあるものの、今回はトーク中心で非常に面白かった。
通常写真を見ながらお話をするような形式が多いのだが、機材トラブルもあってほとんどの時間がトークのみで展開された。
いつも鬼海さんの言葉には説得力があり、すぐにメモがいっぱいになってしまうのだが、今回とても印象に残ったのは、
・1本の川の流れのようにつながっていなければならない。
・考えることは手とコンタクトしていないと成り立たない。
・写真家は写真から教えられる。
といったこと。

濃密な時間もあっという間に過ぎ、会はお開きになり、サイン会。
その後有元さんと梅田近辺を散策、再度鬼海さんと合流して二次会。
この二次会が非常に面白かった。
そりゃたった3人で話する写真の話が面白くないわけがない。

トークショーの中で語りつくされていない、非常に重く深い話がずっと続く。
2時間以上写真の話しかしていない。
阪急電車のガード下の飲み屋、時折声がかき消されるほどの轟音、写真のこと、旅のこと、濃密な時間。
大ファンのお二人の写真家とこんな距離で同じ時間を過ごせるなんて、なんと幸せな夜だろう、とそんなことを思いながら帰路についた。


  1. 2015/07/13(月) 00:40:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

有元伸也写真展「ariphoto2015 vol.1」

TPPGに有元伸也写真展「ariphoto2014 vol.2」を見に。

急きょ決まった東京行の合間を縫って、なんとか見に行ってきた。
ギャラリークローズの時間に間に合うかぎりぎりのタイミングだったので、有元さんに直接連絡して、少し遅くまで開けてもらった。
長年見続けている者の特権。
当然ながら他にお客さんが来ない中、久々にじっくりとお話できて、至福の時間。

今回はほとんどの写真に人が写っており、インパクトが大きい。
新宿の奥深さを感じるとともに、これだけの人を展示するにはその背景に撮られた写真の多さに想像が至る。
様々な風貌の人々を見ていると、人間の存在とは何か?という問いを突き付けられている気分になる。
着ている服、立っている姿勢、顔つき、表情。
それぞれの人生が表出しているその表面しか我々は見ることができないのだけれど、自然とその人の人となりやこれまでの人生にも思考が導かれていく。
有元さんが東京に来た20年前から同じ風貌だという人も展示されていて、写真からだけでは伝わらない背景を想像することの面白さを感じる。

7月にはまた鬼海さんとの対談が大阪であること等、今後の情報も教えてもらい、20時過ぎにギャラリーを後に。
東京オリンピックに向けて急速に変わりつつある東京で、有元さんの写真や写真に写る人々、街の風景が今後どんな風に変わっていくのか。
過去に思いを馳せると同時に、未来にも思考が向かっていく夜だった。

  1. 2015/06/02(火) 22:33:26|
  2. mobile
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパールのこと

ネパールを旅したのは1999年。
もう15年以上も前のことになってしまった。
たった1週間の滞在とはいえ、若かった感受性には多くの刺激をもたらし、その後の自身の価値観にも大きな影響があったと思う。

ヒマラヤの見える山に登りたくてポカラまでバスで8時間揺られたこと。
街中の結婚式に参列してほしいと歓迎されたこと。
いなかの小学校におじゃまさせていただいて写真を撮ろうとしたら、生徒が全員緊張して硬くなっていたこと。
その小学校の先生が自分たちと同い年であったこと。
誰も来ないであろう山まで自転車で行った際に、現地の言葉でたくさん話しかけられて困ったこと。
山小屋で雨による足止めで一日過ごした際に、何度も何度もチョコレートをせがんできた少女のこと。
山の中腹の農家で、日の当る縁側で二人何も話さず静かな時間を過ごしていた老夫婦のこと。
滞在期間中ずっと世話になったチベット人のこと。

思い起こせばきりがないほどの思い出も、美しい風景も、一瞬にして惨状へと変化してしまった。

今はただ、一日も早く一人でもい多くの人が救助されることを祈るばかり。



15042801.jpg
  1. 2015/04/28(火) 22:16:21|
  2. Leica X1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春の気配

春っぽい陽気だと思うと急に暑くなったり、はたまた寒くなったり。
慌ただしい日々を過していると、ふとした季節の変化にも鈍感になってしまいそうになる。
写真を撮っていなければ、路傍の花にも強くなった日差しにも気づかなかったかもしれない。

15041701.jpg
  1. 2015/04/18(土) 00:31:41|
  2. FUJIFILM X100S Black limited edition
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

On the Street

15040201.jpg
  1. 2015/04/02(木) 23:57:26|
  2. Ricoh GR Digital IV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Swing75

Author:Swing75
写真と音楽と植物をこよなく愛する東京在住の大阪人です。
※当サイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
お気に入りの本やCDはこちら。
■Swing75 Favorites

最近の記事

最近のコメント

タグリスト

 モノクロ  ベランダ風景 夕暮れ    写真展 路地  原風景 物語 台湾  路地花  黄昏 オブジェ カメラ レンズ 2B  映画 撮影機材 ハス 大正湯   写真集  気配  モノクロ 夜 音楽 カラーネガ 太陽 自転車 植物 里山 花 原風景 朝焼け 黄昏光 夕暮 静物 2b 斜光 

カテゴリ

月別アーカイブ


-----------------
 管理




あわせて読みたい

ブログパーツ型環境貢献サイト
グリムス(gremz)
http://www.gremz.com

SINCE20060405





FC2 Blog Ranking ブログランキング ブログランキングranQ
人気ブログランキング - 日々の空 スカウター : 日々の空
にほんブログ村 写真ブログへ
テクノラティプロフィール 人気ブログランキング・ランブロ デジタル村のギャラリー ブログランキング ブログランキング